サンシャイン池崎が卓球水谷選手にささげる超ハイテンションガッツポーズ!! 動画は1ガッツ(計6ガッツ)15秒くらいあるので要チェック!

写真拡大

21日に閉会となったリオデジャネイロ五輪は、日本チームが史上最多の41個のメダルを獲得し、幕を閉じた。

そんな中、話題のひとつなったのが、男子卓球シングルで銅メダル、団体で銀メダルとすばらしい活躍を見せた水谷隼選手が、野球解説者の張本勲氏に「手は肩から上に上げるべきではない」などとガッツポーズの仕方に対し批判を受けたことだろう。

そこで、ハイテンション芸でブレイク寸前のお笑い芸人サンシャイン池崎氏に張本氏もアッパレ?と思わず叫んでしまう“スーパーハイテンションガッツポーズ”を教えてもらった!

■【動画】サンシャイン池崎が、張本さんも思わず「アッパレ」って言っちゃうガッツポーズをマジレクチャー!! 水谷選手、気に入ったのありますか…?

https://youtu.be/j-niRz22fQY

それでは、動画を撮り終えたサンシャイン池崎氏を直撃!

―すさまじいパフォーマンスでしたね!

池崎 いや〜、気持ちよかった! 一般の人もいる卓球場で雄叫び上げたから、おばちゃん引いてましたね(笑)。まあ、もし”ガッツ“リンピックあったら、僕が優勝でしょうね。

―今回やってみた中で、一番手ごたえがあったガッツポーズは?

池崎 「レインボーブリッジガッツ」ですね。あれは、Z難度ですよ。水谷選手にもぜひ東京オリンピックでやってほしいです。

―張本氏の「手は肩から上に上げるべきじゃない」というガッツポーズ批判については、どう思ってますか?

池崎 ガッツポーズは、逆に堂々とやらないと相手に失礼だと思うんですよ。むしろ水谷選手は、手をもっと上げるべきでしたね(笑)。僕のみたいに、喜びすぎて肩が千切れたり、飛んでいってしまうくらいの気持ちでいくべき!

おそらくですけど、張本さん、実はガッツポーズ大好きなんじゃないですかね。家で「隠れガッツポーズ」してるタイプだと思うんですよ。今回の騒動の原因は、同じアスリートとしてあんなにかっこよく水谷選手にガッツポーズされたことによる「嫉妬ガッツポーズ」(?)ですよ。水谷選手は、張本さんの嫉妬すら吹っ飛ばすガッツポーズをすればよかったわけですね〜!!

―なるほど(?)です(笑)。ちなみに、リオ五輪で一番心に残っているのは?

池崎 重量挙げの三宅(宏美)選手ですね。顔がタイプなんですよ。銅メダルが決まった後に、バーベルをなでてたのがかわいかった!!

―水谷選手、関係なくなっちゃったよ!

●サンシャイン池崎(さんしゃいん・いけざき)

1981年生まれ、鹿児島県出身。中学時代に卓球経験あり。「R−1ぐらんぷり 2016年」では、ファイナリストに残った。ハイテンションな芸風で、女優の堀北真希さんも大好きと公言。好きなタイプは「1年目の女芸人」という2016年大注目のお笑い芸人

(取材・文/週プレNEWS編集部 撮影協力/Akiba卓球スタイル)