合流初日の本田がフットバレーで勝負師の一面見せる 攻撃陣レクチャーのハリルは「ウサミ!」などと檄飛ばす《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は29日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニング2日目を実施した。

▽トレーニング2日目には、FW岡崎慎司(レスター・シティ)や、FW本田圭佑(ミラン)、FW武藤嘉紀(マインツ)らが合流。MF清武弘嗣(セビージャ)と、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)を除く21選手が集結した。

▽約2時間程度にわたって行われたこの日は、個々にコンディションのバラつきがあることから、3つのグループに分かれてのトレーニングを実施。ランニングや、ボールを使った基本的な動作の確認、各ポジションに分かれてのトレーニングといったメニューが消化された。

▽中でも、盛り上がったのは本田&岡崎vsMF香川真司(ドルトムント)&MF長谷部誠(フランクフルト)の4選手によるフットバレー。勝負事にひと一倍執着心がある本田は、事前に事細かにルールを確認しつつ、1人だけボールの落下地点を指差して審判役のコーチにアピールするなど、終始和やかなムードの中で汗を流した。

▽その他、終盤にはヴァイッド・ハリルホジッチ監督がピッチに残った攻撃陣を自らレクチャー。「ウサミ!」など選手名を連呼し、檄を飛ばしていた。