中国で旅行のベストシーズンとなる「国慶節(建国記念日、10月1日)ゴールデンウィーク」が到来する。旅行先としてこれまでマイナーだった路線にも「注目」が集まっている。

写真拡大

夏休みも終わりに近づき、旅行市場もようやく静けさを取り戻したようだ。だが、旅行のベストシーズンとなる「国慶節(建国記念日、10月1日)ゴールデンウィーク」が到来するのも、それほど遠い話ではない。大手旅行各社によると、国慶節連休までまだ1カ月以上あるが、この時期のツアーに対する問い合わせや予約が増えてきており、東欧・北欧・モロッコなど、これまでマイナーだった路線にも「注目」が集まっているという。北京日報が伝えた。

オンライン旅行サイト「驢媽媽」の担当者は、次の通り紹介した。

「今良く売れているのは、日本・韓国・タイ・英国へのツアー商品で、予約が5割以上入っているツアーも少なくない。今年の国慶節連休中の海外ツアーの予約は、昨年より1週間ほど早く入り始めており、今まさに予約のピークを迎えている。今年の国慶節連休中のツアー料金は、昨年よりやや下がっている。特に、欧州向けツアーの下落幅は10%から20%に達しており、コストパフォーマンスは良くなっている。例えば、国慶節連休中に出発するオンライン商品『フランス・イタリア・スイス周遊12日間の旅』は、ツアー価格が1万3千元(1元は約15.1円)と、9月のオフ・シーズンに出発する同じ内容のツアーよりさらに200元安くなっている」。

クルーズ旅行については、国慶節連休中、天津、上海、広州の各港から、毎日1便運航している。多くの旅行社は、海外ツアーの中でも海外クルーズ旅行のセールスを強化している。これまで、国慶節連休のクルーズ旅行代金はややもすると6、7千元まで跳ね上がっていたが、今年のクルーズ旅行は、かなり庶民の財布にも優しい価格となっている。ツアーの販売がだんだんとピークに差し掛かると同時に、国慶節連休の海外旅行市場では、新しい注目スポットも登場した。東欧、北欧、モロッコ、スリランカなど、これまで中国人観光客の間であまり注目されていなかったマイナーな観光目的地へのツアーも、好調な売れ行きを呈している。このことから、出国する観光客の旅行先の選択肢が、だんだんと多様化している傾向が見て取れる。複数の旅行社の海外旅行担当者が、「海外観光客の誘致を狙っている多くの国が、観光客を対象としたビザ条件の緩和政策を実施し、フライトを増便し、中国語サービスを新たに始めるなどの措置を講じている。これまでいわゆる『マイナー路線』と言われてきた観光地についても、今年上半期、延べ観光客数はすでに大幅に増加し始めており、海外旅行市場の新たな注目スポットになっている」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)