子ネコを救った消防士のセクシーさにネット民昇天「こんなんアリ?」「ただワオ!」

写真拡大

子供や動物が助かったというニュースを聞くと、「よかった!」とホッと胸を撫で下ろす人は多いだろう。しかしホッとするだけでなく、別の感情がわき起こることだってある。例えば、今回カナダで消防士が子ネコを助けたケース。

一連の救出劇と共に、救出現場の写真も一緒にネット上で発表されたのだが、その写真を見た人々の息が止まった。消防士がセクシーすぎたのだ……。

・火事から救われた3匹の子ネコ

2016年8月15日午前10時、カナダのブリティッシュコロンビア州で家屋から火災が発生した。駆け付けた消防隊の必死の消火活動の末、なんとか火は消し止められたという。

しかし消火活動中、家から逃げ後れたペットが何匹も発見された。消防隊はなんとか全頭の救出を試みたが、3匹の子ネコだけを助けることが出来たそうだ……。

消防士たちは、ペット用の酸素マスクを使って子ネコたちを救護し、動物病院に連れて行った。そんな彼らの活動の様子は、メディアに撮影され、ニュースのトップ画面に使用されたのだった。

・消防士の胸元があらわになり……ネット民昇天

この火事を報じたニュースを聞き、写真を見た多くの人が、亡くなった動物を悼み、ネコが助かったことを喜んだ。

しかし中には、写真の中のセクシーな胸元があらわになった消防士に目が奪われてしまった人もいたようだ。 Twitter上には、次のような声が寄せられていた。

「こんなセクシーなのあり?」
「オーマイガー」
「ワオ、ただワオとしか言えない」
「この消防士は、いつも制服の胸元を開けているの?」
「消防士がカワイすぎる」
「制服の下にシャツを着ないのかよ?」

この盛り上がりっぷりは、消防隊にまで届いたもよう。消防隊の公式Twitter も反応し、「なんだか我々の写真が人気みたいですね」とつぶやいているのだった。

参照元:National Post(英語)、Twitter @AshleyCsanady、@TOLFireFighters
執筆:小千谷サチ

この記事の動画を見る