28日、出演ギャラのバブル現象が話題の中国と比較して、台湾ではその数字の差が歴然としている。最も出演料が高いとされる俳優ジェリー・イェンでも、中国には遠く及ばない。写真はジェリー・イェン。

写真拡大

2016年8月28日、出演ギャラのバブル現象が話題の中国と比較して、台湾ではその数字の差が歴然としている。最も出演料が高いとされる俳優ジェリー・イェン(言承旭)でも、中国には遠く及ばない。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

近年の出演料バブルを問題視し、メディアを管理する国家新聞出版広播総局(広電総局)はこれを抑制するための「限薪令」を打ち出した。最初のターゲットとして話題になっているのが、驚きの高額ギャラが報じられた時代劇ドラマ「如懿伝」。女優ジョウ・シュン(周迅)と俳優ウォレス・フォ(霍建華)の主演コンビの出演料は、合計1億5000万元(約23億円)に達したとされている。

台湾ドラマ界で最も出演料が高い俳優とされるのが、人気ユニット・F4出身のジェリー・イェン。1話につき2万ドル(約200万円)とされるが、中国と比べてその差は明白だ。女優ではアリエル・リン(林依晨)が最高とされるが、こちらは1話につき50万台湾ドル(約160万円)に満たないほど。このため、中国並みの出演料があれば、台湾ドラマをまとめて3本制作できると言われている。(翻訳・編集/Mathilda)