『ペット』 (C) Universal Studios.

写真拡大

8月11日に封切りとなり、大ヒット公開中の『ペット』が、公開18日目となる8月28日時点で、観客動員257万4961人、興収31億4593万8300円と早くも動員250万人、興収30億円を突破するメガヒットとなっていることがわかった。

『ペット』公開10日間で興収20億円突破の大ヒット!

先週末の土日2日間も動員23万3912人、興収2億9915万700円と前週比82.2%をキープしており、シルバーウィークに向け、まだまだ勢いは止まりない様子で、今後、どこまで数字を伸ばせるかにも注目だ。

本作は「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう?」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの日常をユーモラスに描きだした、笑いと絆と感動の物語。

7月8日に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約104億円=1ドル100円換算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、8月29日現在、全米興収は3億5322万ドルを突破し、同じイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが生み出した『ミニオンズ』(3億3604万ドル)の成績を早くも抜き去る好調ぶりを見せている。