27日、豪競泳選手のマック・ホートンはこのほど、ドーピング違反歴のある中国選手を侮辱する発言をしたことで中国から多くの批判が届いたことについて「アスリートがスポーツ界の浄化をめぐる議論を交わせるようになったのだから結果として良かった」と語った。

写真拡大

2016年8月27日、網易娯楽によると、リオ五輪の競泳男子400メートル自由形で優勝したオーストラリアのマック・ホートンはこのほど、ドーピング違反歴のある同種目2位の中国の孫楊(スン・ヤン)を「薬物使用の詐欺師」などとやゆしたことで自身のインスタグラムに中国から多くの批判が届いたことについて「アスリートがスポーツ界の浄化をめぐる議論を交わせるようになったのだから結果として良かった」と語った。

ホートンは帰国後に出演したテレビ番組で「中国からこれほど多くの批判が届くとは想定外だった。だが怒りを示しているのは13億の人口の一部に過ぎない」とも述べた。(翻訳・編集/柳川)