屏東郵政総局提供

写真拡大

(屏東 29日 中央社)屏東県枋山郷に一風変わった郵便局がある。黄緑の壁に浮かぶ鳥が目を引くその外観は、「便利箱」と呼ばれる小包配達サービスの専用段ボール箱にそっくり。地元の観光スポットになっている。

外壁にはマンゴーや玉ねぎなどが描かれ、地元の特産品をアピール。屋上には太陽光発電システム装置も取り付けられ、エコにも配慮した。また、箱の蓋に当たる部分は1時間に一度開閉されるようになっており、通りすがる人を楽しませる仕掛けも。

同郷内には蔡英文総統の父親の実家があるほか、海沿いには喫茶店が点在し多くの観光客が訪れる。地元からは特色ある郵便局舎を含めて活性化への期待が寄せられている。

(郭シセン/編集:齊藤啓介)