「台風研究」の最前線──担うのは、次世代スパコン「ポスト京」

写真拡大

台風の発生予測の精度を高めるなど、いま「台風研究」が進んでいる。研究を支えるためにも、スーパーコンピューター「京」を超えるコンピューティング能力が求められている。(初出は2014年9月10日発売『WIRED』日本版VOL.13)

「「台風研究」の最前線──担うのは、次世代スパコン「ポスト京」」の写真・リンク付きの記事はこちら

過去30年間の台風の動向をもとに未来の台風の動向を計算している杉正人(気象庁気象研究所客員研究員)は、計算の結果、2075年以降の20年間は、温暖化の影響によって地球全体の台風の数は22パーセント減少するものの、非常に強い台風の数が6パーセント増加すると予測する。

一方、佐藤正樹(東京大学大気海洋研究所教授)が研究しているのは、台風のときの降雨量などに影響を及ぼす、巨大な積乱雲群の移動現象だ。彼は過去10年間のデータをもとに、発生する積乱雲群の約1カ月後までの動きが予測できることを実証した。

両者はNICAMとスパコン「京」を用いて予測を行っているが、台風や積乱雲の詳細な様態を把握するには、京ではもはや演算処理能力が足りないと口をそろえる。必要なのは、より高解像度な雲のモデリングと長い年月の過去データを掛け合わせたシミュレーションだ。

台風や地震などの災害予測システムの構築、エネルギー問題や脳科学、太陽系外惑星誕生などの研究開発を推進するために、文科省と理化学研究所は京に代わる世界最速の処理能力の次世代スパコン開発を行うと発表した。京の100倍の計算性能(1エクサFLOPS前後)を目標に1,000億円以上もの国費を投入する「ポスト京」は、2020年運用開始予定だ。

温暖化が台風に与える影響や気候変動の把握、台風の発生予測の精度向上などの災害予防システムの構築を図るためにも、次世代スパコン「ポスト京」の登場と活用が鍵を握っている。

supertyhoon

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の発表によると、地球温暖化によって最大風速60m以上の強大な「スーパー台風」が増えるとされている。温暖化に伴う海面水温の上昇により、水蒸気量と放出熱が増大し、台風が強大化しやすくなるからだという。将来、スーパー台風は日本にも上陸するようになり、集中豪雨や暴風雨、洪水・高潮の被害が増大するとみられている。PHOTOGRAPH COURTESY OF NOAA / WIKIMEDIA COMMONS

RELATED