ママ友宅への手土産は何がいい?喜ばれるもの&ドン引きされるものまとめ

写真拡大

ママ友宅へおじゃまするときに、手土産を持参することがありますよね。そんなとき、何を持っていったらよいか悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は100人のママたちに、実際にもらって嬉しかった・あげて喜ばれたものと、逆にもらってドン引きした・あげても微妙だった手土産について聞いてみました!

これを参考にすれば、もう悩まなくても大丈夫!?
小分けのお菓子やジュースなら外さない!
・「喜ばれた手土産は、個別包装のお菓子です。集まったママ友に、『その場で食べなくても持って帰れるから嬉しい』と言われました」

­

・「良かったものは、子供用に持って行った小さなパックに入ったフルーツジュース。ストローで飲むタイプだと、子供も飲みやすいし、こぼしたりすることもない」

­

・「デパ地下でも行列ができる『ガトーフェスタハラダ』のラスクは好評です。味がいいのはもちろん、相手が気後れするような値段でもないのがポイントです」

­

小分け包装のお菓子やジュースはみんなで分けやすく、お皿も汚さずに食べられるという理由で支持率が高かったです。余ったら持ち帰りやすいから、という声もありました。中でも「ガトーフェスタハラダ」を推す回答が複数。手ごろな値段で美味しいのが人気の秘訣のようです。
自分じゃ買わない高級・珍しいお菓子も高評価!
・「お家の近所にある有名なケーキ屋さんでお土産を買ってきてくれたママ友がいてとても嬉しかったです」

­

・「良かったものは人気洋菓子店のマカロンで、並ばないと買えないうえ高いので、みんな喜んでいました」

­

・「GODIVAなどの普段あまり購入しない高級チョコは大人にも子どもにもウケがいいです」

­

・「頂きものだとのことで高級な紅茶を持ってきてくれたママ友がいました。かなりテンションあがります」

­

自分じゃなかなか買わないけれど、もらったら嬉しいお菓子も支持を集めました。また、その人の地元でしか手に入らないご当地のお菓子なども喜ばれるようです。中でもチョコやマカロンなど、片手でつまめるスイーツが人気でした。高級な紅茶なども、ママ友のお茶会にはもってこいですね!
評価が分かれる!?手作り系手土産
・「嬉しかったのは、ママ友手作りの、素朴でいい香りのする出来立てアップルパイ。とても美味しくて、作り慣れた感じも好印象でした。引いたのはドロドロの生クリームが乗ったホールケーキ。『子供が作ったから』なんて言ってましたが、それならこっそり手直しすればいいのに。まずかったが食べないわけにいけないし、皆、引きつりながら食べてました」

­

・「手作りのケーキや美味しいお惣菜は話のねたにもなり喜ばれたが、微妙な味のお惣菜は戸惑った。しかもアレルギーがあるので子供には食べさせられなかったし」

­

・「ドン引きしてしまったのは、家がとても汚く散らかっているママさんの手作りクッキーです。あの家の、あの台所で作ったのか…と思うとなかなか手が伸びませんでした」

­

・「ママ友が手作りしたというチーズケーキは、砂糖がじゃりじゃりしてまずかった。子供にも食べさせたくなかったです」

­

手作りのお菓子などの手みやげは、美味しいと喜ばれるものの、味が微妙だったりアレルギーで食べられなかったりすると不評、との結果に。ママ同士の味覚のジャッジは意外とシビアですから、何だか怖いですね…。腕に自信のない人は、お店のスイーツを買っていったほうが無難かもしれません。
これはちょっと…なんだかガッカリする手土産
・「SAエリアのお土産とか言って、うまい棒1本だけ持ってきたり、箱菓子の1つだけ持ってきたりするママ友がいる…。稼ぎを自慢するわりにはお土産がせこすぎて引いてしまう。ばかにしてるのか、ケチすぎるのか…」