みなさんは、自分に「直感力」があると思いますか?

優秀なビジネスパーソンやアスリートは、直感力に優れているといわれています。大きな決断を迫られる場面が多いほど、直感力は磨かれていくものです。

今回お届けするのは、そんな直感力を試す「数字の○×クイズ」。

普段数字に触れる機会が多い人は、感覚的に答えがわかるかもしれません。

では、さっそく問題を見ていきましょう。

■直観力を試す数字の○×クイズ・問題編

「50人集まれば、50%以上の確率で同じ誕生日の人がいる」

これは○でしょうか? それとも×でしょうか?

ただし、双子がいるとか、うるう年は考えないことにします。30秒以内に直感でお答えください。

■直観力を試す数字の○×クイズ・解答編

みなさん、答えはわかりましたか?

ズバリ、正解は「○」でした! 天才的な直感力の持ち主にとっては、簡単すぎる問題だったかもしれません。しかし、理由まで説明できる方は、かなり数字に強い人だといえるでしょう。

まずは、AさんとBさん2人の場合から考えていきます。

1年は365日なので、2人が同じ誕生日である確率は1/365になります。反対に、同じ誕生日でない確率は364/365ですね。

では次に、Cさんを加えた3人の場合を見ていきます。

Cさんが、AさんとBさんのどちらかと同じ誕生日である確率は2/365であり、どちらとも違う確率は363/365です。

A、B、Cさんいずれもが同じ誕生日ではない確率は364/365×363/365で計算することができます。

そしてこの計算をどんどん続けていくと、23人で早くも「全員が同じ誕生日ではない確率」が50%を割ります。

つまり、23人集まれば同じ誕生日の人がいる確率が50%を超えるのです。

これは、「誕生日のパラドックス」といわれているもの。366人集まれば、同じ誕生日の人が2人以上いる確率は100%になりますが、実際は70人集まれば確率は99.9%を超えるのです。

直感とはかなり異なると思いますが、計算上ではこうなっているのです。

「自分と同じ誕生日の人」と考えると滅多にいないと感じますが、「自分以外の誰か2人が同じ誕生日」と考えると実際にもよくあるシチュエーションかもしれません。

Facebookなどで、「AさんとBさん、同じ誕生日なんだ!」と気づくこともあるのではないでしょうか。

直感力を磨くには、常識や先入観にとらわれないことも大切。決断しなくてはならない場面こそ、頭を柔らかく、リラックスしてみましょう。

(文/平野鞠)

 

【参考】

※快活脳!思考の罠と脳の基礎知識

※老年若脳

※IQ脳.net

【クイズ】

※北村良子・・・パズル・クイズ作家。書籍の他、企業、新聞、TV番組、雑誌等向けに作成。著書は『大人のIQパズル』(彩図社)『60歳からのボケないための思い出しパズル』(永岡書店)他。お問い合わせはフォームからお願いします。