写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京地下鉄(東京メトロ)と東武鉄道、佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸の5社は8月29日、2016年9月から10月の期間で東京メトロ有楽町線〜東武東上線において、既存の鉄道施設を活用した物流実証実験を共同で実施すると発表した。

今回の実証実験は、物流に関する交通渋滞、CO2排出量の削減、トラックドライバー不足などの社会的課題の解決策として想定されている旅客鉄道の輸送力を活用した貨物輸送に関するものとなり、実験パターンとして「拠点間輸送」(5社で実施。日本郵便は新木場車両基地-和光車両基地のみ)と「拠点〜駅間輸送」(東京メトロ・ヤマト運輸・佐川急便で実施)の2パターンを実施。なお、両実験とも利用客が利用できない実験専用ダイヤを設定し、合計10回行う。

使用する鉄道施設(路線・駅)は、東京メトロの新木場車両基地、和光車両基地、有楽町線の新富町駅・銀座一丁目駅・有楽町駅、東武鉄道:森林公園検修区。実験内容は拠点間輸送と拠点〜駅間輸送を行う。

拠点間輸送は、物流各社の拠点からトラックで模擬荷物を新木場車両基地に搬入→東京メトロ10000系車両の1両に荷物を積載→有楽町線・東上線にて実験専用ダイヤで列車運行→和光車両基地又は森林公園検修区に到着した列車から荷物を下ろし、トラックで物流拠点に搬出。

また、拠点〜駅間輸送では物流各社の拠点からトラックで模擬荷物を新木場車両基地に搬入→東京メトロ10000系車両の1両に荷物を積載→有楽町線にて実験専用ダイヤで列車運行→新富町駅、銀座一丁目駅、有楽町駅の各駅で、到着した列車から荷物(台車1台程度)を下ろし、駅構内を経由して地上まで搬送。

模擬荷物は物流各社が利用客から預かった荷物ではなく、実際の荷物の重量を模した段ボールなどを台車に積載。実験日程は、9月9日・10日・16日・17日・30日、10月・1日・7日・8日・14日・15日。実験における検証内容は、各作業工程における所要時間・人員数、安全性確保のための人員配置、作業効率性や安全性に資する機器、施設・設備等の必要性と規模、旅客輸送への影響等を把握する。

実験の終了後は、取得したデータや旅客輸送に与える影響、物流各社のニーズなどを勘案し、トラック輸送から旅客鉄道を活用した貨物輸送への転換(モーダルシフト)の実現可能性を検証する予定だ。