南鳥島沖深海でコバルトなどの希少金属を含む「マンガン団塊」を大量発見

ざっくり言うと

  • 海洋研究開発機構などが南鳥島沖深海で大量の「マンガン団塊」を発見した
  • モバイル機器の充電池に用いられるコバルトなどの希少金属を豊富に含む鉱物
  • 日本の国土面積の1割強に相当する約4万4000平方kmに存在する可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング