99.99%暗黒物質で作られる銀河Dragonfly 44発見。質量は天の川銀河と同等、恒星の数は1/100

写真拡大

米イェール大学などの国際天文研究グループが、99.99%がダークマター(暗黒物質)で構成される珍しい銀河Dragonfly 44を発見したと発表しました。ダークマターとは「銀河系内に広く存在する、質量はあるものの光学的に観測できない仮説上の物質」のこと。その存在がなければ説明できない事柄が多々あるものの、今まで一度も直接観測されたことはありません。Dragonfly 44は恒星が少なく非常に暗いため、宇宙に存在する銀河の中では地球からわりと近い方であるにもかかわらず、これまでの観測では見過ごされていました。研究チームは、まずケック天文台を使い、数十時間にわたってDragonfly 44を観測を実施しました。そして、その銀河周辺にある球状星団の動きをと速さから、ダークマターの重力が及ぼじている影響を測ることでDragonfly 44が持つダークマターの質量を求めました。

Dragonfly 44の質量は太陽の約1兆倍、つまり天の川銀河と同等です。ところが恒星や星間ガスといった物質は天の川銀河の1/100しかないため、Dragonfly 44全体の99.99%がダークマターでなければ説明がつかない計算になるとしました。

研究チームの一人ロベルト・エイブラハム氏は「Dragonfly 44がどのようにして構成されたのか全く想像がつかない」と語ります。そして「Dragonfly 44の中にある星の多くが、非常に小さな集団であることは重要な手がかりになりそうだ」としつつも「あくまで推測のうえでの話だ」としました。

またDragonfly 44を発見したピーター・バン・ドッカム博士は、これまでにもダークマターばかりの銀河ははあったが非常に小さかった。しかし今回の発見は全く新しい種類の研究素材をもたらした」と語り「我々が本当に知りたいのはダークマターが実際は何なのかということだ」としました。

ちなみに、ダークマターが何かについては、素粒子の分野から考えればニュートリノなどがその主な物質であるとする説がある一方で、天体物理学の面からはブラックホールや白色矮星・中性子星といった光の弱い星、さらには惑星全般にいたるまでがダークマターの候補になり得るとされています。また我々の住む天の川銀河は、その88%ほどがダークマターで満たされているとする説があります。