28日、成都全捜索によると、心臓手術で胸に傷跡が残った2歳の子どものために父親がとったある行動がネットユーザーの感動を呼んでいる。

写真拡大

2016年8月28日、成都全捜索によると、心臓手術で胸に傷跡が残った2歳の子どものために父親がとったある行動がネットユーザーの感動を呼んでいる。

【その他の写真】

中国四川省成都市のタトゥースタジオにこの男性から連絡が入ったのは今月12日。「心臓手術を受けた息子の胸に残った傷跡を自分の胸に再現したい」という依頼内容で、子どもが将来、傷跡が原因で劣等感を抱くことを心配したためだという説明に店の女性は「すごく心を動かされた」と振り返る。

24日に行われた施術は全スタッフが見守る中で行われ、店側がこの情報をネットに投稿したところ大反響が巻き起こった。タトゥーという方法で息子への愛を示した男性の行為にネットユーザーからは「私も花火が原因で4歳の時に首の後ろに傷跡ができた。子どものころはずっとパーカーを着て隠してた。もし自分の親がこの男性と同じようなことをしていたらきっと感動するだろうな」「海外でもこういうお父さんが話題になったが、成都にもいたなんて!男の子はクールな父親のことをうれしく思うはず」「これまで見た中で一番美しいタトゥー」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷)