関わりたくない!ママ友から一発で「壁を作られちゃう」危険なインスタ4つ

写真拡大

ママ友と学生時代からの友人のような親しい関係を築いている女性もいれば、ちょっと壁のある距離感でなんとなくお付き合いをしているひともいますよね。

でも、どうせお付き合いをしていくならば「信頼しあえる友情を築いていきたい!」と願っている女性も多いのでは? 子どもを通じて知りあった関係でも、おばあちゃんになるまでの友情が育まれれば素晴らしいですよね。

実は、ママ友から壁を作られてしまう女性は、SNSの投稿が原因になっていることもあるようなんです!

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、ママ友から一発で壁を作られちゃう危険なインスタ投稿を3つご紹介しましょう。

 

■危険1:セレブっぽい投稿を連投

ブランド物の「買っちゃった」報告や連日のホテルランチなど、いわゆる“セレブ”っぽく見える投稿ばかりを重ねていると、一般的なママ友からは「敷居が高い」と思われ壁を作られちゃう原因に。

インスタは“見栄え”を重視したいからこそ、あえて高級感のある投稿を心がけている女性もいそうですが、嫉妬から“別世界の人”って思われちゃえば良好な関係を構築するのが難しくなりますよね。

ママ友は世帯年収や生活習慣が異なる人もいることを忘れずに、あえて“嫉妬”させるような投稿は控えたほうが人間関係構築にはベターといえそうです。

 

■危険2:ひとつの投稿で予定びっちりの多忙アピール

今日はママ友のAちゃんと子どもを連れてランチ、明日はBちゃんママと子連れでプール……などなど予定がびっちり入っているママも少なくないのでは? 毎日が充実しているとココロも満たされますし、楽しいですよね。

ですが、インスタなど他のママも見るSNSに「今日はランチ! 明日はプールで明後日は家族で旅行〜」などなど一つの投稿で多忙を極める様子をアップしてしまうと、「私が入る余地はないんだな」って変な誤解を招くことも……!

ママ友が多いことは素晴らしいことなのですが、新しく知りあったママ友が尻込みしちゃうような投稿は避けたほうが世界が広がっていきます。

 

■危険3:夫の愚痴

インスタは写真を投稿するツールですから、お花や家具などの写真とともに日常の報告をしているママもいますよね。

でも、素敵な写真を載せているのに「今日は夫とケンカ…。なんで飲み会ばっかり参加しているのかわからないし! #夫 #ケンカ #涙 #結婚を後悔」などの投稿をしていると……、ママ友がドン引きしている可能性も。

日常生活を面白く投稿するのは決して悪いことではありませんが、誰でも見ることができる場所に夫の愚痴を掲載しているママに対し“デリカシーのなさ”を疑ってしまう女性もいるので要注意です。

 

■危険4:ラブラブ写真とともに夫のノロケ

円満ラブ夫婦をキープできていると、幸せな写真をインスタに投稿する機会も増えますよね!

ですが、ママ友はみんながみんな夫婦仲がうまくいっているとは限らないのがリアルな話。だからこそ、ラブラブ写真とともにノロケ投稿ばかりしているママに対しては「話が合わなさそう」と感じて距離を置いてしまう女性もいるんです……!

夫婦って、イイときもあれば悪いときもあるもの。インスタにも反感を買うような投稿を控えることが、ママ友の輪を広げていくコツになるのかもしれません。

 

いかがですか?

今、インスタが爆発的なブームですから、トレンドに乗って楽しんでいるママも少なくないですよね。

ですが、ママ友が見たときに距離を置きたくなっちゃうような投稿だけは、避けたほうが無難といえそうです。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ これって嫌がらせ?ママ友から貰って「一瞬固まった贈り物」3選

※ 毎晩やってない?知らずに「夫を深〜く傷つける」妻の言動4つ

※ 「夫婦のラブを再燃させる」行動1位の男女差が面白い結果に

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 夫にどう呼ばれてる?「ウチの嫁or奥さん」が間違っているワケ

 

【画像】

※ よっし / PIXTA(ピクスタ)