【才能手相】知能線が直線的な人はドライな理論派、IT系に適正あり!

写真拡大

――「知能線」に注目すると、あなたの適職が見えてきます。進路が定まらない人、今の仕事に疑問を感じている人は、知能線を要チェック! 「才能手相」シリーズで、あなたが生きる道を探しましょう。

(※手相の画像はこちらから見れます)

<第16回 IT系に向いている手相>

【知能線の見方】
 親指と人差し指の間から手の平を横切って伸びる線を「知能線」といいます。知能線には、性格や才能の傾向があらわれるため、仕事運・適職はこの線で見ます。

■まっすぐ直線的な知能線の持ち主は、IT系で成功する!
 知能線が定規で引いたように直線的に伸びている人は、合理的かつストレートな思考の持ち主。余計な感情を挟まず、理路整然と物ごとを進めるタイプなので、人間を相手にするより、数字やデータを扱う仕事に高い適性があります。たとえば、プログラマー、システムエンジニア、WEBオペレーター。また、CADソフトウエアを使用した設計、OAインストラクションなど、IT系は全般的に天職といっていいでしょう。きっちりした正確な仕事ぶりで、めきめき頭角をあらわしていけるはずです。

■「感情線」が曲線的なら、チームリーダーや参謀にも!

 知能線が直線的なのに、感情線(小指の下方から人差し指方面に向かって伸びる線のこと)が曲線的な人は、ドライな論理的思考ができる一方で、人の心をつかむ柔軟なコミュニケーション能力の持ち主。直線的な知能線の弱みである対人面にも長けているので、理系集団のリーダーや参謀となって活躍できるでしょう。いつの間にか、おいしいところを持っていけるタイプです。

 理詰めで割り切った考え方をするこのタイプは、ときに白黒をはっきりさせすぎて、周囲を引かせてしまう可能性があります。空気が冷たくなってきたと感じたら、追求の手をいったん緩めるようにしましょう。また、人のアラが気になるときは、お茶を飲んで気分転換を図るなど、こまめにストレス解消することも、いい仕事をする上で大切になってくるでしょう。
(夏川リエ)