日本向けにアレンジ

写真拡大

オーストラリア発祥のパイ専門店「パイフェイス」から2016年9月5日、オージーピーポーから愛されてやまない「Pie Stack(パイスタック)」が期間限定で登場します。

パイフェイスでは、イートインのみの食事系メニューはこれが初。お店でしか食べられないというオーストラリアの国民食、一足先に試食してきました。

サクットロ〜... お口の中がたまらん

「パイスタック」とは、ほかほかのミートパイの上に、マッシュポテト、グリーンピース、グレイビーソースがのったオーストラリアの定番メニュー。

今回お店で出すのは、定番トッピング&ソースの代わりにサワークリームオニオンポテトとアボカドのペースト、デミグラスソースがのっています。日本人には馴染みやすいようにアレンジしたそうです。

まずはトッピングからお味見です。ポテトはポテトサラダのような味ですが、味付けはとてもあっさり。サイコロ状のジャガイモがほどよいゴロゴロ感を出しています。アボカドもペースト状にされただけのシンプルなもの。優しめの味のデミグラスソースがトッピングを1つにまとめてくれる感じです。

いよいよ、パイに入刀! サクサクッという音にテンションが上がります。中からふんわりと漂ってくるミートソース的な香りにお腹の虫も騒ぎ出します。

上のトッピングが崩れてきてパイの中身も出てくるので「美しく食べる」のは至難の業ですが、ここはあえて崩して混ぜて食べるのが通な感じ(?)です。パイのサクサクとミートソースの「肉!」って感じとトッピング......、色々なとろ〜りが混じり合い、お口の中で奏でられる食感と味のハーモニーに思わず笑みがこぼれます。

あっさりした味付けのトッピングが、ミートパイに合う! しつこくないので、ペロリと食べられちゃいます。ボリューム的には小腹対策というよりは、軽めのランチってところでしょうか。

ベースのパイにはオーストラリアのパイフェイスでも人気のミートパイ「クラシックミンスビーフ」もしくは「チャンキーステーキ」がオススメですが、ほかのセイボリー(惣菜)パイからも選べます。発売は9月下旬までの予定。

ハロウィン限定、パンプキンシリーズも美味なり

ちょっと気が早いですが、10月1日から数量限定で発売予定のハロウィンをテーマにしたパイ2種も食べてきましたよ!

「かぼちゃとベーコンのタルタル」(390円)は、北海道産かぼちゃとゆで卵のたるたるソースを組み合わせた"かぼちゃタルタル"に厚切りのベーコンを合わせたセイボリーパイ。かぼちゃの甘みとタルタルの酸味、ベーコンの塩気が絶妙な組み合わせで、爽やかな味に仕上がっています。温めて食べれば、秋の"ほっこり幸せ"感じます。

スイーツ系は、カラメルソースを染み込ませたチョコレートスポンジの上にカボチャのピューレとクリームチーズを合わせたプディングをのせたスイーツパイ「かぼちゃのプディング」(320円)。優しい甘さです。

記事内の価格は全て税抜です。

今回行ったのは「渋谷モディショップ」(東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ1階)。パイスタックはほかに「舞浜イクスピアリショップ」(千葉県浦安市舞浜1-4 1階)でも食べられます。ハロウィン限定パイは先述の2店舗のほか、ラゾーナ川崎プラザショップ(神奈川県川崎市幸区堀川町 72-1 三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ 1階)でもテイクアウトできます。