絶対に君らはやっちゃダメ! 社内恋愛に向かないタイプ3選

写真拡大

同じ職場で長い時間を過ごすと、時に同僚が「異性」として魅力的に見えてしまうこともありますよね。でも、職場恋愛がまわりにバレると、まわりの人は仕事がやりづらくなってしまいます。そこで、職場恋愛に向いていない人ってどんな人なのか、女性たちにアンケートで調査してみました。

■公私混同タイプ

・「仕事場で(仕事中に)いちゃつく・別れた後周りを巻き込んで人間関係をギクシャクさせる人。」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「公私混合しやすい人。仕事中でもベタベタしそう」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「全てが恋愛相手中心になる人。仕事は仕事でちゃんとやるべきなのに、その異性と別の人が仕事の話をしているだけで嫉妬して怒ったり、お昼休憩もわざわざ他の人に席をずれてもらい自分の向かい側か隣に座らせる人がいる。会社のメンバーの女子会にもその人を当日いきなり連れてくるので、女子会専用価格も対象外になる。本当に迷惑だし、度が過ぎて嫌われ始めた。」(26歳/金融・証券/専門職)

ときと場合を考えて行動できない、こじらせちゃうタイプに多いのが「プライベートと仕事の区別を付けられない人」でしょう。このタイプは、常に恋愛女子モードなので、仕事がおざなりになるだけではなく、周囲を完全に自分モードに巻き込んでしまいます。

■秘密が守れないタイプ

・「おしゃべりな人。全ての社員にデレデレがばれるてうざいと思う」(34歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「やきもちやきのひと、人に言いふらしたい人」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「自分から話したがりな人。職場の人にばらすのは慎重にすべきだと思うので。」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「秘密を守れない人。同僚に、相談するひと」(31歳/その他/その他)

聞きたくなかった。関係を知らないほうがうまく仕事ができたのに……。という場面に限って、話したがる人っていますよね。更に、同僚に恋愛相談をすると、相談相手にまで仕事に支障がでるかもしれません。職場内ではまず、仕事をやりやすい環境を考えて、できるだけ恋愛エピソードはオフにしてもらいたいものです。

■顔と態度に出るタイプ

・「職場恋愛に限らずですが、仕事中に恋愛の浮き沈みをあからさまに出す人」(34歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「すくに顔に出る人。秘密がだだ漏れ」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「秘密を守れない人。ケンカした時とか、イライラしてる時顔に出る人。(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

本人に自覚があるかはわかりませんが、すぐに相手に対する愛情が憎しみや喜びの表情で出てしまう人は、まわりに気を使わせてしまいます。感情の起伏は恋愛の要素でもありますが、仕事は仕事と割り切って気分を切り替えてほしいですね。

■まとめ

職場恋愛に向いていない人をパターンで分けて紹介しましたが、総じて「いつでも恋愛モード爆進中」で、いったん恋愛が始まると、仕事が二の次になってしまう恋愛主導の人と言えます。仕事は仕事、恋愛は恋愛で、ときと場合を察知して感情のコントロールを上手にできる人でなければ、職場恋愛はうまくいきそうもありませんね。

(フォルサ/竹林みか)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数209件(25歳〜35歳の働く女性)