写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERT/CCが運営するフィッシング対策協議会は8月29日、三井住友銀行をかたるフィッシング詐欺サイトの停止を確認したが、フィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を行った。

同日13時00分時点で、フィッシングサイトの停止が確認されているが、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。

確認されているフィッシングサイトのURLは「●●●●.net/」で、同協議会はこうしたサイトで、アカウント情報 (店番号・口座番号、契約者番号、第一暗証など) を絶対に入力しないことを推奨している。