「プラスチックごみをなくしたい」、固形化粧品を作った若き女性起業家

写真拡大

シャンプーやボディソープなど、普段の生活で使う化粧品は成分の最大90%が水。それを入れるためのプラスチックボトルを大量に生産して、貴重な環境資源を無駄にするのはおかしいのではないか?

現在29歳のブリアン・ウエストは3年前に疑問を持ち始め、何かしなければという思いが強くなったことで、彼女は人生の目標を見つけた。そして、環境にやさしい、持続可能な化粧品ブランド、エシーク(Ethique)を立ち上げた。

「簡単に言えば、私の目標は世界からプラスチックごみをなくすこと」だとウエストは宣言する。エシークは従来の化粧品から水を取り除いた、固形のビューティーバー(棒状の化粧品)を作っている。

プラスチックボトルに入れて売られているシェービングクリームやボディローションに比べて、ずっと濃厚でコンパクト。持ちもいいし、環境にもやさしい。

プラスチックではなく堆肥にできる紙やボール紙に包んで出荷・販売しており、これまでにプラスチック1トン超に相当する6万個のボトルを節約できた計算だ。目標は2020年までに100万個のボトルを節約することだという。

ニュージーランドのクライストチャーチに本拠を置くエシークは、液体の化粧品の代わりとなる固形のビューティーバーの生産を専業とする企業としては(これまでのところ)世界で唯一の企業だ。動物実験も行っていない。科学の専門知識を持つウエスト自身が全ての製品の開発を手がけている。それを6人の従業員が作り、包装し、世界各地に出荷している。

ウエストはずっと自然療法、科学や環境保護に関心を抱いてきたが、その情熱を仕事に結びつけることができたのは、エシークを創設してからだ。エシークの前に2度起業していたが、真に社会的な目標を掲げていなかったため、仕事に対する情熱が長続きしなかった。

そんなある日、ウエストはシャワー室の床にシャンプーのボトルを落とし、中身がこぼれて流れていく様子を目にした。「自分が本当に大切にしたいのは水だった。そう考えると、プラスチックボトルに入れられた水のためにお金を払っているのが、とてもおかしいことに思えた。シャンプーやローション、ボディソープなどの成分を固めて、それをシャワーの水と一緒に使う方がずっと論理的だ」

多くのミレニアル世代の若者と同じように、ウエストも、高額な収入を得ることよりも自分の情熱を追求することの方にずっとやりがいを感じている。

「私は自分を取り巻く世界に影響を与えている。そして会社が成長すればするほど、その影響力は大きくなる」と彼女は言う。

人生の目標に沿った仕事ができているだけではなく、自分と同じ考えを持った人々に囲まれていると感じられることも幸せだと彼女は言う。従業員も顧客もパートナー企業も、世界を変えたいと考えている人々だ。顧客の中には、製品の包装をボランティアで手伝ってくれる人までいる。

ウエストは、環境を意識した小規模な企業を運営するのは難しいこともあると認める。たとえばボール紙の包装材は、プラスチックの10〜15倍の値段だ。また消費者にとって、エシークの製品が理解しにくい場合もある。消費者は固形のバーというと石鹸と同じだと考える傾向があり、低価格を期待するのだ。

ウエストは、エシークのビューティーバーはボトル入りの製品の最大4倍長持ちするし、シャワーで使うのにとてもいいと説明しているが、固定観念を崩すのは難しいこともある。「本当に大変なこともある。自分のしていることを心から信じていなければ、やめていただろう」

人生の目標を見出せずに苛立っている人々に、ウエストはこうアドバイスする。「最初からそれを見つけようとするのは、多くの人にとって現実的な方法ではない。柔軟に新しいことを試してみて、失敗したらまた立ち上がればいい。できるだけ多くのことを試していけば、それがきっと自分を導いてくれる」