2015年に日本を訪れた外国人旅行客の数は前年比47.1%増の1973万7000人に達し、うち中国人旅行客は同107.3%増の499万3800人となり、過去最高を記録した。中国人旅行客の過去最高は14年の240万人であったことから、15年は過去最高の数字を一気に2倍以上に伸ばしたことになる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 2015年に日本を訪れた外国人旅行客の数は前年比47.1%増の1973万7000人に達し、うち中国人旅行客は同107.3%増の499万3800人となり、過去最高を記録した。中国人旅行客の過去最高は14年の240万人であったことから、15年は過去最高の数字を一気に2倍以上に伸ばしたことになる。

 16年になって人民元安、円高が進んだとはいえ、今なお中国人旅行客の数は増え続けており、いまだ衰える兆しはない点から訪日ブームは本物であることが伺える。

 中国を訪れる日本人が減少傾向にある一方、大勢の中国人がこぞって日本を旅行で訪れていることについて、中国メディアの捜狐はこのほど、中国人は日本に「片思い」しているようだと伝えつつ、日本には中国人を引き寄せるどのような魅力があるのだろうかと問いを提起した。

 記事はまず、日本政府が中国人向けビザの発給要件緩和や、免税対象の拡大、さらに免税となる購入金額の引き下げといった政策を相次いで打ち出し、中国人旅行客の取り込みに積極的に動いていることを指摘。さらに、商業施設などでも中国のオンライン決済サービスを導入し、中国人旅行客の買い物の利便性向上に努力していることを紹介し、中国人にとって日本が「訪れやすく」、「楽しみやすい」環境となっていることを指摘した。

 続けて、日本を訪れる中国人の多くは中間層であり、中国の消費を支える主力であると同時に「世界の情報を収集する能力を持つ人びと」だと指摘。よりコストパフォーマンスの良い渡航先を選ぶことができるうえ、中国企業は中国人の需要の変化を満たすことができないため、中国人は理性的かつ合理的な判断のもと日本を訪れ、買い物しているとの見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)