朝食代わりに、仕事の合間に、食後のひとときに……。コーヒーを愛飲している人も多いのではないでしょうか。最近は会社でもドリップ式のコーヒーを使っているところが増えているそうですが、自宅でも香りを楽しみながらコーヒーを淹れたい! とドリップ派の人も多いですよね。そこで毎回出るのがコーヒーかす。ゴミ箱にポイではもったいないんです。実は役に立ってくれるコーヒーかすの使い道を紹介します。

炭以上の消臭効果がある! 脱臭剤として再利用

コーヒーかすは臭いを吸収する力が活性炭の5倍も強いため、消臭剤として効果的。乾燥させたコーヒーかすを布や茶こし袋で包み、冷蔵庫や食器棚、下駄箱、トイレの棚に置いておけば高い消臭効果とカビ対策になります。

・生ゴミの上やゴミ箱の中に乾燥させたコーヒーかすを洗剤用スプーン1杯程度振りまいておけば、嫌なゴミの臭いを消してくれます。

・湿ったままのコーヒーかすを灰皿に敷き詰めておくと、タバコの火消しになるばかりでなく、タバコ臭も軽減してくれます。

・乾燥させたコーヒーかすを掃除機で吸えば、掃除機のフィルターのカビ臭さを消してくれ、カビも抑制してくれます。

虫よけや雑草対策の殺虫剤、除草剤として再利用

コーヒーかすには害虫除けの効果があり、アリやナメクジ、カタツムリ、野菜につく虫を避けてくれます。家の周りに撒いておけば、アリや小さな虫が入ってくるのを防げます。猫よけにも使えるそうです。

・乾燥させたコーヒーかすを耐熱のお皿やアルミのお皿に敷いて火をつけると、天然の蚊取り線香に。ただし、蚊取り線香よりも煙が多くコーヒーの香りではなく焦げたニオイなので、家の中ではしないほうが良いようです。ベランダやアウトドアの時など屋外では使えますね。

・コーヒーかすには植物育成阻害物質が含まれているため、雑草が気になるところに撒いておけば雑草駆除に役立ちます。この植物育成物質は発酵すると分解されてしまうので、おがくずやもみ殻と一緒に発酵させることで植物の堆肥として使うことができます。

乾燥コーヒーかすを作るには、ドリップ後のコーヒーかすをプラスチックトレーに広げて天日干しをするか、フライパンで炒る、耐熱皿に広げて電子レンジで乾燥させる方法などがあります。電子レンジだとレンジ内の脱臭効果もあるので一石二鳥。こんなに使えるコーヒーかすを捨てるのはもったいない! ぜひ役立ててくださいね。


writer:しゃけごはん