ジェイアール京都伊勢丹で第2回「パンフェスティバル」8/31から 京都・大阪・東京など30以上の名店が集う

写真拡大

ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)は8月31日(水)から9月5日(月)まで、「パンとコーヒーのある暮らし パンフェスティバル」を開催します。京都や大阪など関西圏のパン屋を中心に30店舗以上が参加し、食事パンから惣菜パン、菓子パンまで幅広く用意。個性的な食パンが日替わりで登場するコーナーもあります。

「京都伊勢丹でパンフェスティバル 」の写真・リンク付きの記事

▽ 2016 京都パンフェスティバル|ジェイアール京都伊勢丹

同イベントはジェイアール京都伊勢丹初のパンに特化した催事として、3月に初めて開催されました。第2回となる今回は、自家製粉した全粒粉と昔ながらの製法でパン作りをしている「ナカガワ小麦店(京都市左京区)」、本場仕込みのハード系パンが人気の「パンヤ・ア・ラ・ボンヌ・ミッシュ(京都府宇治市)」、50種類以上のサンドイッチを販売している専門店「サンドイッチピコリ(大阪府高槻市)」、低温長時間発酵にこだわった名店「シニフィアン シニフィエ(東京都世田谷区)」など、30以上の人気店が参加します。

特設サイトでは、パンに関する情報を発信するプロジェクト「PAINLOT」の代表・山田 慎さんがおすすめするベスト8や、企画コーナー「日替り食パン」に登場する各店自慢の食パンを紹介しています。6店舗が参加する「日替り食パン」では、「全粒粉のコクがクセになる“大人の風格”」「柔らかく素朴な味わいにファンの多い“文学系”」など、食感や味わい、合わせたい食材によって好みの食パンを探すことができます。

期間中は、InstagramとTwitterを使ったハッシュタグキャンペーンも実施。各日先着100人に、「丸山珈琲」のドリップバッグをプレゼントします。

会場は10階催物場。営業時間は午前10時〜午後8時で、最終日のみ午後6時に閉場します。