写真じゃないの!? 色鉛筆で描かれたハリポタ肖像画が目ン玉ひんむくレベルの精巧さ / 独学22才女子の超絶テクニックに思わず息を飲む

写真拡大


Photoshop や Illustrator はたまた数百円のスマホのアプリでだって絵が描けちゃう。わざわざ画材をそろえて……というのは少数派になりつつあるかもしれない。

だがしかし! ここに色鉛筆にこだわり続けるアーティストがいる。それも写真を凌駕するほどリアルな人物画を発表しつづけているのだ。その作品と制作の様子は動画
「Drawing Harry Potter, Ron Weasley, and Hermione Granger」で確認できるぞ!

・驚愕の色鉛筆アーティスト


動画のサムネイルに表示されているのは映画『ハリー・ポッター』のハリー、ロン、そしてハーマイオニーの3人だ。「これ、写真でしょ?」と言いたくなるが、動画を再生してみると……間違いなく手描きの絵! そこには色鉛筆を使って巧みに描いていく様子がバッチリと収められている。

下書きの精巧さも素晴らしいが、とくに注目したいのは質感だ。つややかな肌の透明感、柔らかそうな半光沢の髪の毛、そして3人が着ている洋服のモフモフ具合など、どれをとっても息を飲むほどリアルなのだ。

・独学らしい!

作者の名前はヘザー・ルーニーさん、22才の女性である。きっと専門的に勉強してきたんだろうなぁと思ってしまうが、プロフィールによると色鉛筆の肖像画は独学とのこと。

では特別な画材でも使っているのだろうか? このハリポタ3人組については、スイスの筆記具メーカーの色鉛筆「カランダッシュ・ルミナンス」を使用しているそう。1本530円と、そう安いものではないが誰だって購入できる代物である。……逆にスゲェよッ!!!! 

・有名人からワンコまで

もはや神業としか言いようがない。ヘザーさんは、ハリーポッターのほかにデビット・ボウイにテイラー・スウィフト、はたまたワンコなど様々な作品を発表している。こちらも全て制作過程つきだ。彼女の作品を楽しみたい人も、色鉛筆画を学びたい人も要チェックである。

参照元:YouTube
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る