「自分も準優勝したUSオープン(2014年)のときは、体力はもちろん、メンタルが疲れたよ」

 その言葉を聞いたとき、土居美咲は、「あっ。錦織圭でもそうなんだな」と思ったという。

 今年6月のウインブルドンで、土居はこれまでひとつの目標にしていた「グランドスラム2週目(4回戦以降)」に到達した。その、初めて足を踏み入れた領域で実感したのは、体力以上に襲ってきた精神面での疲れ。今年は雨天による試合中断や順延が多かったことも、蓄積する疲れを増量させた。

 そのときに土居が思ったのが、すでにグランドスラム2週目の常連となっている錦織には、「2週間を戦い抜くうえでの、メンタルの疲れはないのかな......」ということ。

 最近の土居は、日ごろのツアーでも錦織と顔を合わせ、ともに食事に行くこともある。だが、そのようなときには、あまりテニスの話はしない。しかしオリンピックは、状況が少々違う。日本選手全体に"チームジャパン"だという一体感があった。一緒に過ごす時間も、いつも以上に多い。そこで思い切って、聞きたかったことを聞いてみた。その際に返ってきたのが、先述した言葉だったという。

「錦織君の場合だと、1〜2回戦はある程度、楽に勝てる域にいる。そういう部分もあるし、経験を積んで、戦い方を学んで......一歩ずつ、ステップ・バイ・ステップだと言われました」

 世界の頂点をも狙うチームジャパンの同僚の言葉は、ランキングを32位まで上げ、来る全米オープンではシード選手として挑む土居にとって、自らが進む道のひとつの指標になった。

 その五輪でのチームジャパンは、もともとは錦織に加え、女子シングルスの土居と日比野菜緒、そしてダブルスの穂積絵莉の計4選手の予定であった。だが、直前で各国からの辞退者が相次いだため、杉田祐一とダニエル太郎にも、五輪開幕まで1週間の時点で声がかかる。特に杉田に到っては、カナダから日本に戻ってきた直後の通達となったため、また地球の裏側まで行かなくてはいけなかったのだ。

 それでも、昨年上旬から「オリンピック出場を目指してきた」杉田は、不思議と心の準備はできていた。すぐにリオに向かい、チームに合流し、そして初戦で勝利を手にする。それはダニエルも同様で、緊急参戦したふたりが揃って2回戦に勝ち進んだ。

 そんな杉田とダニエルの活躍により、心に重く立ちこめていたモヤを、かき消すことができた選手がいた。

 昨年まで日本人女子ナンバー1の、奈良くるみである。

 約1年前のこの時期、奈良のランキングは60位前後。「もし1年前なら、自分がオリンピックに出られていたのかもしれない......」。それはオリンピックが近づくにつれて自覚した、それまでは意識していることすら意識できていなかった悔いであった。

 日本中がリオの話題で満たされるそのころ、奈良は次のトーナメント開催地であるシンシナティに早めに入り、そこで杉田やダニエルらの活躍の報を知る。

「杉田さんと太郎君は、いきなり呼ばれてもしっかり準備ができていた。でも、今の私だったら、あそこに立っても、きっと自分の力を出すことはできなかった」

 そう思い、自分の立ち位置を認識したとき、彼女の心もすっと軽くなったという。どこか吹っ切れたなかで迎えたシンシナティ大会では、予選2試合で快勝を収めて本選に出場。本選では、悪天候のために1日2試合戦う過酷なスケジュールながらも、先月ツアー初優勝を遂げたばかりのビクトリジャ・グルビク(スイス)を3時間の死闘の末に撃破。その約4時間後に行なわれた2回戦では、アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)相手に第1セットは互角の熱戦を繰り広げた。

 このパブリュチェンコワと奈良の間には、ちょっとした因縁がある。まだ、ふたりが10代半ばだったころ。ジュニアのトップ選手として活躍していた奈良は、長身で大柄なパブリチェンコワのパワーに圧倒され、自信を打ち砕かれたという。

「やっぱり世界で戦うには、あれくらいパワフルなショットを打てなくてはいけないのかも」

 そのときの体験が、多少のコンプレックスになりもした。その後は、足と頭を使ったテニスを確立し、躍進のときを迎えるも、今年は「結果で自分の進歩を測ろうとして、試合を楽しめていなかった」がために、コートに向かうのが辛い日々を過ごしもする。それが今回のシンシナティでは、持ち前のスピードと頭脳をフル稼働し、かつて衝撃を覚えた相手と対等に向き合った。

「いろんなバリエーションをつけていけば、パワーに対しても戦えると、今は思えます」

"今"を強調する口調に、迷いはなかった。

 その奈良が、五輪での杉田たちを見て感じた想いを知ったとき、当の杉田は、「いや〜、くるみちゃんだったら、オリンピックでも十分に戦えたと思いますよ」と、エールとも思える異見を述べた。ツアーを主戦場とする奈良の実力をよく知るのは、杉田自身が今現在、ATPツアーに定着するための戦いに挑んでいるからだろう。

「僕も、"ATPツアーの一員"なので」

 先週のシンシナティ・マスターズで予選を突破し、本選出場を決めたとき、杉田は自分に言い聞かせるように言った。

 グランドスラムやマスターズなどで、結果を残せる選手になりたい。そのためには、常にツアーの一員として上位大会に参戦し、トッププレーヤーたちがしのぎを削る戦場に身を置かなくてはならない。

 だからこそ今季の彼は、6月以降はツアー大会のみに参戦。その間に幾度もトップ100選手を破った彼は、シンシナティでは27位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を筆頭に、3人のトップ50選手から勝ち星を連ね、最後は6位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とフルセットの熱戦を演じてみせた。大会終了後、強さの指標であるランキングは83位まで上昇。これはプロ10年のキャリアのなかで、自己最高の成績である。

「過去最高の成績なので、すごく嬉しいのは間違いない」

 ラオニッチ戦後、杉田は表情を変えずに言った。

「ですが、ここからがすごく大切になる。ここで経験したことを、次にうまくつなげたいと思います」

 その"次"につなげ、来季はツアーに完全定着すべく、杉田は現状に満足することも、浮かれることもなく、ここから先の戦いに目を向けた。

 リオ五輪で96年ぶりに日本テニスにメダルをもたらした錦織の出現は衝撃的であったが、しかし彼は、日本テニス界の枠組みの外で開花した大輪でもあった。

 それでも、錦織圭というインパクトは日本人選手の間に、確実に巨大な余波を広げていく。錦織が抱く意識や積み重ねた経験は、今回のリオ五輪を媒介として同じ舞台に立った者に、さらには立てなかった者たちにも伝播しながら、すべての選手を新たな地平へと押し上げている――。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki