【保育園】“保活”の悩みが激減!? 4月じゃなくても入園OK「入園予約制」のメリット

写真拡大

いま、産休中や育休中のママにとっていちばんの心配ごとは、保育園探しの「保活」ですよね。

認可を諦めるのはまだ早い! 「保育園」入園のためのアドバイス3つ

東京では2年ぶりに待機児童が増加に転じるなど、都市部を中心に問題は深刻さを極めており、打開策が急務です。

多くの自治体は毎年11〜1月が申込み時期ですが、「なんとしても入園しなければ」とすでに保育園見学をしたり、第一志望の保育園を決めたりしたママも多いのではないでしょうか。

それは、「0歳の4月で入園しないと、それ以降の入園は絶望的」という現実を知ってのことですよね。

また、早生まれの子どもにとって、0歳での入園は非常に困難。

というのは、母親は法律により生後8週間は就労できず、また低月齢では受け入れ先も限られるため、4月入園の申し込み自体ができないことが多いのです。

そんななか発表された「入園予約制」は、そんな不公平感をも払しょくする画期的な制度。

予約制を設ける自治体を支援するための必要経費として、2017年度予算の概算要求に盛り込むことも明らかにされています。

全国に先駆け、東京都品川区ではすでに実施されているという「入園予約制」。そのメリットについて、くわしく解説していきましょう。

メリット1:1歳になった子どもが年度途中でも入園できる

いままでは、0歳の4月での入園を希望するのが常識だった、保育園の入園制度。

それは、1歳以降に入園を希望しても、0歳から在籍していた園児がそのまま進級するので、残された枠が極めて少ないため。

「入園予約制」は、自治体の認可保育園などで事前に予約しておくことで、1歳になったときに入園できる仕組み。

あらかじめ枠を確保しておくことで、いままでは事実上ほぼ不可能だった「年度途中での入園」が可能になるのです。

メリット2:育休がとりやすく、職場復帰の時期も明確になる

「せめて赤ちゃんが1歳になるまでは、一緒に過ごしたい」

そんな願いとは裏腹に、後ろ髪引かれる思いで子どもを0歳で入園させた経験のあるママには、どんなにうらやましい制度でしょうか。

この「入園予約制」には、たくさんのメリットがあるのです。

ひとつは、育児休業がとりやすくなること。4月入園の場合、生後数か月で入園するということは、ママも産後数か月で身体的な回復が十分でないまま、職場に復帰するということ。

「入園予約制」を利用すれば、1年間しっかり休むことができます。赤ちゃんとのゆったりした時間も楽しむことができますよね。

また、「保育園が決まらないから職場に復帰時期を伝えられない」「このまま決まらなかったら、退職しかないかも……」といった悩みや不安もなくなります。

計画的に休め、計画的に職場復帰できる。これが入園予約制の最大のメリットといえるでしょう。

メリット3:ストレスの少ない復職プランが実現できる

0歳で子どもを保育園に入園させるママの大きな悩みのひとつが、授乳についてではないでしょうか。

もちろん、母乳にせよミルクにせよ、これまでとスタイルを変えずに復職することが可能であれば、それに超した事はありません。

しかし、まだ昼間の授乳が必要な場合は、母乳からミルクへ切り替える、あるいは、職場のトイレでこっそりと搾乳をする、さらに入園を機に断乳という手段をとる人も少なくありません。

でも、そんな苦労も、「入園予約制」で1歳になってから入園が叶えば、しなくてすむかもしれません。ストレスの少ない復職プランを立てられれば、子どももママも、1日1日をおだやかに過ごせますよね。

また、0歳はまだまだ夜泣きの多い時期。深夜の授乳や抱っこのせいで、毎日のように寝不足で出勤するママも少なくないことでしょう。

授乳の間隔があき、昼夜の区別がついてくる1歳以降での入園なら、夜泣きも減り、ママも本来の体力を取り戻して仕事に専念できることでしょう。

子どもにとっても、1歳からの入園は、まだ抵抗力の弱い0歳で入園するより感染症や風邪などにかかりにくくなる、というメリットもあるのです。

待機児童問題は解消する!?

1歳での入園が増えることは、ママや子どもにとっての利点だけでなく、日本の待機児童問題そのものの解消にもつながると考えられます。

というのは、1歳児に必要な保育士の数は、0歳児の2分の1。つまり1人の保育士に対し、1歳児の子どもは0歳児の2倍の人数が入園できます。

様々な理由で引き続き0歳からの入園させる家庭もあるかと思いますが、これまで多少無理をしてでも…と考えていた家庭に1歳から入園させるという選択肢ができることで、入園待機児童の減少が見込める、というわけです。

一方、1歳児の子どもが大勢入園させるには、当然、保育の受け入れ体制の拡大も必要です。

そこで、3歳以上の子どもに限って受け入れる認可保育園などで、3歳児未満を対象とした分園「サテライト型小規模保育所」の設置も支援する方針が決定しました。

「入園予約制」は、1歳での入園を可能にすると同時に、入園のタイミングに0歳または1歳という選択肢を広げたことも大きな特長です。

ママの都合や体調などに合わせて、働けるようになったら、働く。「入園予約制」は、そんな理想への大きな第一歩といえるはずです。