写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●オフィスや店舗に必要なソリューション&ハードウェアを一同に展示
NECプラットフォームズは、企業向けにIT関連機器およびサービスを提供する企業だ。サーバやストレージを扱うITプロダクツ事業のほかに、IPテレフォニーなどコミュニケーションネットワークを提供するネットワークプロダクツ事業、POSシステム等を提供するアプライアンス事業、組み込み製品などを扱うアクセスデバイス事業と4つの事業を展開。その製品群の概要を展示しているのが東京ショールーム(東京都千代田区神田司町)だ。

入口近くにある「先進技術コーナー」ではビジネスフォンの交換機やサーバ、POSといった機器類を展示。奥のスペースとつながる部分には、入退管理を行うためのゲートやIPドアフォン、受付に設置して総合案内を行う機器等も展示されている。

そして、奥には「オフィスソリューション」、「リテールソリューション」、「フードソリューション」と大きく3つもエリアに分かれており、オフィスや店舗を想定したインテリアの中で実際に使うような形で製品を設置。具体的な利用方法や設置イメージを掴みやすいショールームとしている。

○離れた場所をプロジェクションマッピングで同フロアにする空間演出

「オフィスソリューション」エリアの入口には、壁一面をスクリーンとして2方向から映像を投影したゾーンがある。これはビデオ会議システムと2台の高性能プロジェクターを利用したもので、壁面に離れたオフィスや店舗の様子をプロジェクションマッピングで投影することで空間を繋ぐという試みだ。実際には離れた場でも、ひとつづきのフロアにいるような感覚で挨拶などを行えるようになっている。

○電話中心のオフィスコミュニケーションを改善してワークスタイル変革

次のゾーンでは、ごく一般的なオフィスのイメージが作られていた。UNIVERGE Aspire UXを利用してオフィスコミュニケーションを効率化できることの展示で、NECプラットフォームズが販売する電話機もデスクに置かれている。

電話、ビデオ会議、チャットといったツールは多くの企業で利用しているが、これをばらばらのツールではなく、ひとつながりのものとして利用することでより効率化しようという展示だ。そのために利用するのは、デスクトップコミュニケーター「UC100」だという。

「UC100」はプレゼンス機能を持っており、在籍している人を見つけてからテキストチャットや電話でコミュニケーションを行うことができる。チャットを受けた側が電話で折り返すためのコールバックボタンも備えており、テキストと音声でシームレスなコミュニケーションが可能だ。内線番号表なども不要になる。

外出先のPCやスマートデバイスからも利用できる「UC100 for Web」機能と、携帯電話の内線化ソリューションと組み合わせることで、在籍状況にかかわらずコミュニケーションが可能だ。この時、携帯電話から発信してもオフィスの番号が発番として表示されるなど、現場で喜ばれる機能もある。

ビデオ会議を行うことも可能で、コミュニケーションの途中で簡単に映像を利用したミーティングや、資料を示しながらの会話といったものが行いやすくなる。オフィスのコミュニケーションを集約してくれるツールだ。

大きな特徴は、ビジネスフォンが主体だということだ。ビジネスフォンの交換機に機能が組み込まれているため、IT部門ではなく総務部門主導で導入が可能となる。ルータやスイッチとともに小さなラックに収納される交換機のみで対応でき、保守の面でも交換機の保守の範囲となる。コスト、設置場所、管理といった面で導入のしやすさを追求したシステムだ。

●流通業の店頭免税処理を可能にするPOSソリューション
インバウンド対応を強化する仕組みは、「リテールソリューション」と「フードソリューション」の両エリアで紹介されている。

「リテールソリューション」では、主に店頭での免税対応を簡便化するものとして「RegiGrow」などが展示されていた。

既存POSに追加して免税帳票の作成のみを行うタイプと、POSでの会計処理中に免税処理を行うタイプとの展示が行われていた。どちらもパスポートスキャナを利用して、名前・国籍・生年月日・パスポート番号を自動取得。画面上で上陸年月日や在留資格を簡単に入力することも可能で、来店者も店舗担当者も手書き処理を行うことなく帳票が作成できる。

観光地の土産物店などでの導入事例が多いということで、バーコードスキャナとパスポートスキャナを一体化した製品など、店舗での運用を簡易にするツールも展示。規制緩和に対応して電子サインパッドに対応した製品の開発も予定しているという。

インバンド対応を行うソリューションをささえるものとして、ミドルウェアの展示もされていた。多言語対応のスピーカーシステムはテキスト入力されたものを読み上げるだけなのだが、各言語で流暢な発音をしてくれる。事前に接客用語の入力をしておけば、現場オペレーターが話せなくとも音声による対応ができる。展示会ではPOSに組み込み、パスポートリーダーで読み取った国籍にあわせて、この後何をして欲しいのかをガイドさせた。POSに単純な会計処理だけをさせるのではなく、言語力のない状態でいかに店頭対応をスムーズに行うかという面のサポートもさせる試みだ。

○メニュー選択から食べ方までを伝える飲食業でのインバウンド対応

「フードソリューション」ではデジタルサイネージを利用して多言語でのメニューボード表示を実演。言語に合わせて複数のメニューを作成する、フィルムを差し替えるといった手間とコストを抑える効果がある。また、店舗外へ置いて呼び込むためのものではなく、店内に設置してアピールしたいメニューを表示するなど、新しいデジタルサイネージの使い方も提案。POSと連動させ、販売数を限定したメニューの残数をリアルタイムに表示するという使い方も可能だという。

客席に設置するセルフオーダーシステム「FoodFrontia St」も多言語対応させていた。メニューの表示言語を切り替えるだけでなく、メニューの詳細な説明が読めたり、食べ方を解説する動画が閲覧できたりと、訪日観光客が手軽にメニュー選択が行えるようになっている。メニュー名だけでなく食べ方まで解説することで、店員が多言語対応できなくとも問題がない。

また、インバウンドという形を超えて、外国人労働者が増えてくる中で働きやすさや安全性を高めるものとして、自動釣り銭機やレジ連動の監視カメラの展示もあった。自動釣り銭機は会計業務の簡便化を実現するものだ。監視カメラは不正防止という意味ではなく、違算金が発生した時に担当者の故意によるものではないことの証明等が簡単に行えるよう、会計処理の前後数秒を撮影した映像を電子ジャーナルと連動させて管理する。

同ショールームでは、飲食業における店舗側と顧客側の両方に対してサポートを行うソリューションが展示されていた。

(エースラッシュ)