クルマに積める小型薪ストーブ!これならキャンプに持っていけます!

写真拡大

キャンプやアウトドアにちょうどいい行楽シーズン。ただ、屋外で過ごすにはちょっと寒い。かといってキャンプファイヤーをするほどではない。

そんなとき、カッコいい小型の薪ストーブを使ってみませんか?

[関連記事]憧れの薪ストーブがある暮らし。どうやったら始められますか?

天板でバーベキュー、炉内でダッチオーブン!

持ち運び可能で屋外で使用できる、キューブ型薪ストーブ「クラフトマンC3」(12万9600円)が発売になりました。

48532_gIPpCEFHfx

開発したのは、釜石市の石村工業。薪・ペレット兼用で電気も使わない唯一のストーブ「クラフトマン」を国内で生産しており、ストーブ生産20年の技術と実績を持っている会社です。

新発売の「クラフトマンC3」は、コンパクト(COMPACT)/キャリー(CARRY)/キャンピング(CAMPING)の意味を込めて<C3>と名付けたそう。

暖房機器としてはもちろんのこと、天板でBBQが、炉内ではダッチオーブン調理も可能です。

48532_LIkrtvVilw

電気を使いませんから、停電時や災害時、避難所や共有スペースの暖房として、常備しておくのもアリですね。また、外気導入ユニットをつければ、屋内やテント内でも使えます。

48532_WnfRCLFRFQ

重量も28kgなので、車に積んでどこへでも運べそう!

48532_usAenAGQLK

家に置いておけば、訪ねてきた人に「それ何ですか?」と聞かれちゃいそうな、カッコいいシンプルデザインのストーブ。自宅の庭で、ちょっと火をつけてみるだけでもきっと楽しいですよ!

石村工業「クラフトマンC3」>> http://craftman-pe.com/outdoors/craftman_C3/

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
飯だって炊ける!チタン製小型焚き火台がスゴい!

【知識】アウトドアで使うバーナーの燃料は何が違う?

使って分かる!初心者〜こだわり派の「焚き火台」5選