29日、中国広播網によると、中国江蘇省揚州市の遊園地「揚州楽園」で28日、観覧車が突然停止し、客138人がゴンドラに閉じ込められるというトラブルが起きた。写真は揚州楽園。

写真拡大

2016年8月29日、中国広播網によると、中国江蘇省揚州市の遊園地「揚州楽園」で28日、観覧車が突然停止し、客138人がゴンドラに閉じ込められるというトラブルが起きた。

【その他の写真】

高さ60メートルで救出を待った孟さんによると、観覧車が停止したのは午後7時50分ごろ。孟さんは「高いところが苦手で…。30分くらいたって息苦しさやめまいを感じた」と語った。その後、駆け付けた消防によってゆっくりと客が降ろされたが、観覧車は突然、通常より速度を上げて運転を開始。内部に残っていた人からは悲鳴が上がったという。孟さんがゴンドラから下りることができたのは同9時15分ごろと話すが、遊園地側は「40分くらいで全員が無事下りた」と説明するなど食い違いが生じている。

事故原因については現在調査が進められており、関係者の1人は「急な停電があった」とコメントしている。(翻訳・編集/野谷)