簡単おしゃれなブレスレットの作り方50選☆100均も活用して沢山作ってみて♡

写真拡大 (全46枚)

七分袖や半袖の洋服を着たときは、手元のおしゃれも楽しみたいですよね。そこでおすすめしたいのが、自分好みに仕上げられる手作りブレスレット。今回は、定番人気のパールやビーズを使ったものや、100均の材料で格安で作れるもの、あっと驚く素材をリメイクしたものなど、バリエ豊富なブレスレットレシピをご紹介します! 初心者にも簡単に作れるブレスレットもたくさん集めたので、ぜひチャレンジしてみて☆



元の記事を見る

ビーズを使ったブレスレットの作り方


まずはビーズを使ったブレスレットの基本の作り方をご紹介します。

■ 【作り方 杠猯舛鰺儖佞垢

【材料】
・シルバーデコボタン フラワー(ダイソー):1個
・マットパールビーズ:4個
・パールビーズ:10個
・パールビーズ:5個
・ヘアゴム:1本

土台にテグスを使用するのが一般的ですが、こちらは腕に通しやすいヘアゴムを使用しています。もちろんテグスを使用しても◎

■ 【作り方◆曠咫璽困鬟乾燹淵謄哀后砲膨未

ヘアゴムにビーズを通していきます。
ビーズの大きさや色をバランスよく配置してくださいね。
最後にダイソーのデコボタンを通します。

■ 【作り方】ゴム(テグス)を結ぶ

ヘアゴムをしっかりと結び、仕上げに結び目にボンドをつけておきましょう。はみ出た部分のヘアゴムをカットすれば完成です。

■ 【作り方ぁ朶粟

不器用な人でも、ヘアゴムなら穴に通しやすくて簡単です。ブレスレットとして使うのはもちろん、ヘアゴムとしても活躍してくれる一本です。

■ 【ビーズのブレスレットを作るコツ】
土台としてヘアゴムを使用する場合は、ビーズの穴にヘアゴムが通るかどうかを確認してください。子供用のビーズを使用する場合は特に注意が必要です。
http://kurashinista.jp/articles/detail/20962
他にもビーズを使ったブレスレットのアイデアをご紹介します!

■ バラフライ&ビーズのブレスレット

シュシュに大きめの丸カンを通して、好きなパーツを9ピンで丸めてつけていくだけのシンプルな作り方♡ 無地で光沢のある素材でできたシュシュにキラキラモチーフのパーツを組み合わせると、エレガントさがぐっと増しますよ。腕につければ、存在感たっぷりのブレスレットに。

■ 繊細なフリルがかわいいブレス

レース糸にビーズをあらかじめ通しておいてから、丁寧に編み込んで作るフリルシュシュ。編みあがったら、スタイリッシュなお花のパーツをつけてあげるとかわいさUP! 色違いで何個も作って重ね付けするのもおすすめですよ☆

■ からまないゴム+100均ビーズで★夏ブレスレット

雑貨屋やドラッグストアでも入手可能な「からまないゴム」にビーズを通して作るブレスレット。透明なタイプのゴムを選び、クリアなビーズと組み合わせれば、見た目に爽やかで暑い季節にぴったり。子どもと一緒に作るのも楽しいですよ♪

■ Tシャツヤーンとカピスでビーズブレスレット

【材料】
・カピス貝:1枚
・Tシャツヤーン:適量の長さ
・ビーズ:1玉
・アクリル絵の具(パールピンク):適量
・針金:適量

100均で手に入るカピス貝をブレスレットに。アクリル絵の具を使ってカピス貝に好きなイラストを描き、Tシャツヤーンで腕の太さぴったりに編んだブレスレットにくっつければ完成です。カピス貝と一緒に好みのビーズなどをつけるとかわいいですよ。

■ ビーズで簡単ラップブレス

100均の紐、ボタン、パール、ビーズで作る、人気ブランド風ブレスレット。本家と比べて遜色ないデザイン性の高さなので、まさか100均の材料で作ったとは! とみんなにびっくりされること必至です。

■ キッズ用ビーズブレスレット

伸びるテグスにビーズを通して、通し終わりを結ぶだけの簡単ブレスレット。ビーズの色や形、大きさによって大きく雰囲気が異なるので、いろんなビーズで手作りを楽しんでみてはいかが? 子どもと一緒に作業する時間そのものもとっても楽しいですよ。

■ ビーズでコードブレス風

チャーム、ビーズをヘアゴムに通して作るコードブレス風ブレスレット。月やかぼちゃモチーフ、赤、黒、金のビーズを使えばハロウィン風、ハートやリボンモチーフ、ピンク色を使えばプリンセス風、といろんなアレンジを楽しめます。

■ つなげるだけで簡単ビーズブレスレット

プチプラビーズとしっかりした素材のパーツを組み合わせて作れば、とっても洗練された見た目の一本に仕上がります☆ お花のような形の金具、座金を使うのがポイントです。エンド部分にパールやビーズをつければ、美しさも倍増! 手元に周囲の視線が集まります♪

■ プラバンとビーズでシェルブレスレット

白のプラバンを貝殻の形にカットして、トースターで焼き上げたら熱が冷めないうちに中央部分に力を加えて丸みをつけて成型。ドリルで穴を開けたらペンチでまるかんを付け、ビーズを通したテグスにセットして出来上がり☆さわやかキュートな1本です。

■ 同じ作業を繰り返すだけ!華やかブレスレット

片側が丸まっている9ピンに好みのビーズを通した後、もう片側をラジオペンチで丸めたものを数本作り、出来上がったものをつなぎ合わせて作るブレスレット。手首のサイズに合わせたらブレスレット、長さにゆとりを持たせるとネックレスになるので、おそろいで2つ作るのもアリ。

■ ビーズの手作りブレスレット特集はこちらも
http://kurashinista.jp/feature/detail/1168

100均の材料で作るブレスレット

■ 100均のビーズで手作りブレスレット

好きな色のパールビーズやミックスビーズを、ベストな配色を考えながらテグスに通して結ぶだけ。大きめのビーズを使えば、ボリューミーで存在感ある一本に仕上がります。ファッションや季節に合った色味を選ぶのもミソですよ☆

■ 100均ボタンとレインボールームでブレスレット

100均のラインストーンボタンとレインボールームの輪ゴムを組み合わせて作った2連ブレスレット。上品なカラーと華やかなボタンがポイントです。カジュアルな装いにはもちろん、きれい目なよそゆきファッションと合わせるのもおすすめ。

■ 100均レーステープで簡単ブレスレット

キャンドゥの花モチーフレースの端に、針と糸を使ってパールとビーズを縫い付けたら、反対側の端に、ビーズで作った輪っかを縫い留めて出来上がり☆ 輪っかの大きさは、パールがちょうどよくおさまるくらいがベストです。

■ 100均ビーズ・パールで華やかブレスレットに

100均のビーズやパールをうまく組み合わせ、ラグジュアリーな雰囲気を最大限引き出したブレスレット。ビーズステッチ用の糸に材料を順番に通すだけで作ることができるので、専用の工具も難しい技も要りません♪

■ ALL100均材料でラップブレスレット

100均のビーズを糸に通したものの上下を革紐で挟み、エンドパーツとしてボタンを使ったブレスレット。すべて100均で入手できる材料なので、おしゃれへの興味が芽生えた子どものアクセサリーとしても◎!

■ セリアの木製パーツでブレスレット

木製クラフトパーツの両端にアジアンコードを通して結び、結んだ紐の端を隠すようにウッドビーズを通して結んだら完成☆ 木製クラフトパーツ自体のデザイン性が高いので、これを主役にもってくればブレスレット部分はシンプルなままで十分。

■ ダイソーのTシャツヤーンで鎖編みブレス

ダイソーのTシャツヤーンを指で鎖編みして作るブレスレット。伸縮性があるので、編みあがりはコマ結びするだけでOK! チャームやボタンをつけたい場合は、コマ結びする前に生地にパーツを通しましょう。重ね付けもおすすめ☆

■ 100均スエード紐のブレスレット

ダイソーのスエード紐を鎖編みして作るブレスレットは、出来上がりが柔らか。ストレスフリーに着用できるのが嬉しいところ☆ 編みあがったら、丸カンを使って好きなパーツとブレスレットアジャスターをセットして完成☆ いろんな色の紐で試してみてはいかが?

http://kurashinista.jp/feature/detail/524

リボンを使ったブレスレットの作り方

■ リボン+ペンダントトップでブレスレットに

不要になって持て余しているネックレスがあるなら、ペンダントトップを外してブレスレットとして再生させてはいかが? ストレッチリボンの結び目をほどき、丸カンを付けたペンダントトップを通すだけで完成するキュートな一本です。

パールを使ったブレスレットの作り方

■ パール+100均ヘアタイでブレスレット

100均のヘアタイに、パールビーズをテグスで丸くまるめたものやチャームを通すだけ。ヘアタイの太さよりも穴が小さくて通らないパーツに関しては、ヘアタイに直接縫い付ければOK! センスに任せて自分らしい一本に仕上げて。

■ コットンパールと丸大ビーズで作るブレスレット

ブレスレット用のワイヤーに、コットンパールと丸大ビーズをかわりばんこに通すだけ。最後はボンドで留めて固定して、好みのチャームをプラスすれば愛着もひとしお。コットンパールは軽い素材なので、着けているときに手首が楽な点も◎!

■ スイーツドラジェのパールブレスレット

白い紙粘土にアクリル絵の具で色を付けるかもしくは色付きの紙粘土を使い、ドラジェに見立てた楕円を作ってブレスレットパーツとして利用。パールと交互にテグスに通して、ちょうどよい大きさのところで2度結び、結び目をドラジェかパールに通してカットしたら完成です☆パステルカラーが女子度満点!

■ シュガーパールのブレスレット

ちょっぴり本格的なビーズアクセサリー作りにチャレンジしたいなら、レース針で編んで作るブレスレットはいかが? シュガーパール、パール、ピーチクォーツなどの華やかなストーンたっぷりなので、着けるだけでラグジュアリーな雰囲気に☆

■ パールのカジュアルブレスレット

大ぶりの真珠を一個だけ使った、存在感抜群のブレスレット。9ピンに真珠を通してピンの先を丸めたら、革紐を通して端っこをエンドパーツで留め、最後に留め金を付けたら出来上がり☆ 真珠の両端部分の紐をそれぞれひとくくりするとアーティスティックな仕上がりに。

■ コットンパール×メタリックボールで華やかブレスレット

細めのヘアゴムに、コットンパールとメタリックボールを交互に通していき、最後に結び目を隠すようにコットンパールの穴に押し込めば完成☆ コットンパールの穴が小さい場合は、キリで大きくすれば作業がスムースにいきます♪

■ キラキラ☆夏のパールブレスレット

ホワイトパール、プラスチックビーズなどを交互に並べながら美しい見た目に整えたブレスレット。エンド部分の留め具には本体のデザインに取り入れたビーズをあしらい、デザイン性を高めているのがポイント☆

■ キッズ用パールブレスレッド

テグスにパールビーズを通してしっかりと結び、結び目を挟むようにカットした花形のケミカルレース2枚をボンドでくっつけます。洗濯バサミをしてボンドが乾くのを待ったら出来上がり☆レースのお花がポイントになり、おめかししたときにもぴったり。レースをリボンなどに変えてアレンジしても◎。

■ パールの手作りアクセサリー特集はこちらも
http://kurashinista.jp/feature/detail/1113

天然石を使ったブレスレットの作り方

■ 天然石の虫除けアロマブレス

天然石にアロマオイルをしみこませて作る、虫除けアロマブレスレット。大きめの天然石を使用したら見た目にもとってもラグジュアリーで、かつ虫除けにも役立つなんて一石二鳥! 虫除けスプレーのニオイが苦手という人は、春夏のアウトドアのおでかけで重宝するはず☆

■ 夏色天然石ブレスレット

ターコイズ、ラピスラズリなどの涼しげな見た目の天然石を使ったブレスレットは、春先や夏季シーズンのファッションにお似合い。柔らかな色味のハニーストーンも挟んでいるので、装着していると穏やかな気持ちになれるのもうれしいところ。

■ 金属アレルギーの方にもOKな天然石ブレスレット

レザーやコードなどの細めの紐に、好みの天然石やビーズを通して作るアクセサリー。留め具に金具を使わないので、金属が苦手な人でも着けられます。長めにすればネックレスに、短めにすればブレスレットになるので、2つセットで作ってみるのもおすすめ☆ 

レザーを使ったブレスレットの作り方

■ 100均ビーズとレザーで作るブレスレット

好みの色のビーズを糸に通しながらモチーフを編み込んでいき、編み終わったら糸で革紐に付けて出来上がり☆ 黒やベージュなどの落ち着いた色味をベースにすれば、いろんなファッションと合わせやすいのでおすすめですよ!

■ レザーとパーツで簡単ブレスレット

丸カンを介して革紐にパーツを取り付け、きゅっと結ぶだけで出来上がるブレスレット。もちろん、不要になったネックレスやブレスレットに付いていたパーツを取り外して使うのもOK! 同じパーツでも見た目ががらりと変わるので新鮮な気分を味わえます。

■ レザーのラップブレス作りに挑戦

好みの革紐、ビーズを使って作るラップブレスなら、紐とビーズの組み合わせによっていろんな表情が楽しめます。白い紐ならエレガント、黒い紐ならシックに仕上がるし、ターコイズやシトリンなどの爽やかな色の石を使えば涼しさを演出できます。

■ レザーとチェーンのブレスレット

チェーンに革紐をくぐらせながら編みあげるユニークなブレスレット。ところどころにアクセントとしてチャームを施せば、個性がさらに際立ちます。長さを変えればペンダントやリングにもなるので、おそろいでいろいろ作ってみては?

ゴムを使ったブレスレットの作り方

■ ヘアゴムで夏のブレスレット

ヘアゴムまたはバングルを土台にして、輪ゴムやビーズなどを編みこんで作るブレスレット。レインボールーム用のフックを使えば簡単に編むことができるので、まずはレインボールームキットを入手するのが便利。編み方も丁寧に紹介されているので、チェックしてみて。

■ 大人ゴムブレスレットの作り方

こちらはレインボールームを編むのではなく、Cカンでつなげて作るブレスレット。つなげたパーツを、Tピンにスワロフスキービーズと交互に通し、留め具をつければ完成です。もっと太くしたい場合は、4連のレインボールームを8個以上作ればOK! 好みの太さに仕上げてくださいね☆

ミサンガの作り方

■ 100均刺繍糸で手作りミサンガ

好きな色の刺繍糸を使って、好きな編み方で編み進めていくシンプルなミサンガ。斜め編み、ひし形編み、V字編みなどの基本の編み方を覚えればアレンジも自在。使わなくなったネックレスパーツなどを組み合わせてかわいく仕上げてくださいね。

ワイヤーを使ったブレスレットの作り方

■ ワイヤーで薔薇ブレスレット

ワイヤーをくるくる巻いてバラを作り、ブレスレット本体部分はそのまま同じワイヤーをカットすることなくくるくると巻いて作成。アルミ針金なら手で簡単に形成できるので、空いた時間にさっと作れます。バラ部分にマニキュアで着色すればアルミのままとは違った表情を楽しめます。

コードブレスレットの作り方

■ 三つ編みコードブレスレット

好きな紐で三つ編みして作るブレスレット。適度な長さまで編み終わったら、真ん中の2本に足つきボタンを通して、留め結びして紐を切りそろえたら出来上がり☆ 工具などは一切不要なので、子どもと一緒に作るのもおすすめです。

まだまだある!ブレスレットの作り方

■ にこにこTシャツヤーンブレスレット

にっこり笑顔を刺繍したはぎれをくるみボタンに仕立て、三つ編みしたTシャツヤーンブレスレットの結び目に縫い付けています。手元を見るたびに思わず笑みがこぼれてしまいそうなキュートなブレスレット。子どもとおそろいで付けるのもすてきですね。

■ くるみボタン de ブレスレット

飾りパーツのないシンプルな市販のブレスレットに、好みのくるみボタンをつけて作るリメイクブレスレット。付けかたは、くるみボタンに糸を通してブレスレットのビーズとビーズの間に結びつけるだけ。強化したい場合は結び目に接着剤を垂らして。

■ 毛糸のブレスレット

気にいった毛糸を腕に巻き付けてちょうどいい長さを測ったら、その長さ+結び目の長さでカット。両端に丸カンを通して毛糸を結び付け、一方の丸カンに引輪を付けたら完成です。数種類の毛糸を組み合わせるとかわいさ倍増☆

■ トライアングル ブレスレッド

アクセサリーの留め金として使う三角形のパーツをつなげて作るユニークなブレスレット。唯一無二の個性があるブレスレットなので、装着するときはこれを主役に持ってきたコーディネイトにするのがおすすめ。シンプルなモノトーンのファッションとも相性抜群です。

■ ウッドビーズのブレスレット

ウッドビーズをバイアステープでくるっと包み、ボンドで両端をぺたっと留めたらビーズの上下を玉結び。これを好きな長さまで繰り返したら、最後はリボン結びで輪っかにして完成。針や糸、工具など一切不要のシンプルレシピです。

■ ペーパーチェーンのブレスレット

プラバンに好きな絵を描いて、チェーンのようにつなぐユニークなブレスレット。水玉、市松模様、チェックなどのシンプルなパターンもよし、ハートやリボンなどのガーリーなモチーフもよし。いろんな柄で試してみてくださいね。

■ ペットボトルで作れる簡単ブレスレット

ペットボトルの胴体部分を好きな幅にカットして、カット面をアイロンの熱で溶かして成型するブレスレット。色付けは手持ちのマニキュア! ラメを塗った後、色を重ねてもキュートですし、2度塗りでマットにするのもまたよしです。

■ スプーンでびっくりブレスレット

スプーンで作ったとは思えないポップでかわいいブレスレット。カラフルなプラスチックスプーンの先をニッパーでカットして、切り口にやすりをかけたら、輪っかのようにつなげていくだけ。接合にはグルーガンかプラスチック専用ボンドを使い、手の大きさに合ったサイズに形作って。

■ タトゥーブレスレット

カラー手テグスを1メートル程度にカットして2つ折りで固定したら、好きなように編んで輪っかを作り、つぶし玉で端を留めたら、丸カンで好きなパーツをテグスに留めて完成☆ ペンダントや指輪もおそろいで作るとかわいいですよ。

■ レインボールームブレスレットをプチアレンジ

子どもに大人気のレインボールームブレスレットを大人仕様にアレンジするアイデア。ブレスレットの両端にロンデルを通して見た目の高級感をアップさせています。子どもが作ったものをプレゼントされたけど、大人がつけるには難しいかも?…なんてときにぜひ試してみて。

■ ヘアタイでオリジナルブレスレット

好みのチャームをストレッチリボンに通して、端を結ぶだけの簡単仕様。白や黒などモノトーンの落ち着いた色のリボンをチョイスして、シルバー、ゴールド系のチャームと組み合わせれば、安っぽさを感じさせない大人のアクセサリーに仕上がります。

■ マジックテープを活用して便利なブレスレット

ヘアタイ用のゴムにマジックテープを縫い付けて飾りボタンを施したブレスレットなら、そのときどきのちょうどいい幅で留めることができるので、長袖をまくって留めておきたいときなんかにも重宝します。長めに作っておけば、ガウチョパンツの裾止めとしても使えますよ。

■ トワコロンでブレスレット時計

「トワコロン」とは、キッズ向けに展開している、アクリルビーズやプラスチックパーツをとりそろえたクラフトシリーズ。時計シリーズは、ムーヴメントとビーズ、ゴムテグスがセットになっているので、好きに組み合わせるだけでOK!

■ フェルトボールのコロコロブレスレット

好きな色の羊毛フェルトを使って小豆サイズのフェルトボールを作り、テグスに通していくつかつなげたら、端と端にブレスレットアジャスターをつけて完成☆ 手元にやさしい表情をもたらしてくれる一本に仕上がります。

■ 虹色ヘアホウタイ ブレスレット

包帯を油性マジックで染めて作る個性派ブレスレット。くるくる丸めた包帯の両端にマジックを塗り、エタノールをかけてもみ、しっかり乾かせば、味のあるグラデーションの染めつけに。縦二つ折りにして、輪っか状に結べば完成です。ブレスレットやヘアタイにどうぞ。

■ 手作りアクセサリーの特集はこちらも
http://kurashinista.jp/feature/detail/850

素材の質感や大きさによって見た目の雰囲気が大きく異なるので、毎日のファッションにぴったり合った一本を選ぶのも楽しいもの。「選ぶ楽しみ」を満喫するためにも、ぜひ、いろんなブレスレットの手作りに挑戦してみてくださいね。

まとめ/松本玲子