写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィッシング対策協議会は29日、りそな銀行をかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。8月29日10時30分時点でフィッシングサイトは稼働中。

フィッシングメールの内容は、銀行システムのセキュリティアップグレードによるアカウントの利用中止を避けるためとして、ID・パスワードの入力を促すもの。記載のURLをクリックすると、りそな銀行のログイン画面を模した偽サイトが表示される。

フィッシング対策協議会は現在、JPCERT/CCに対してサイト閉鎖のための調査を依頼しているが、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、注意を喚起した。"貴様"や"長大な文字列"など、適切でない日本語も使われているため分りやすいともいえるが、フィッシングサイトにログインIDやパスワードといったアカウント情報を入力しないよう注意したい。