写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トリンプ・インターナショナル・ジャパンはこのほど、「寝る時と下着に関するアンケート調査」の結果を発表した。同調査は3月、女性2,360名を対象に同社ホームページ内で実施したもの。

寝るときにブラジャーまたはカップ付きインナーを着用しているか尋ねたところ、51.8%が「毎日着ける」「時々着ける」と回答した。2008年(4月実施、有効回答数1,941名)では28.7%が「毎日着ける」「時々着ける」と回答していたが、8年間で約2倍に増加していることがわかった。

寝るときにブラジャーまたはカップ付きインナーを着ける人に「寝るときに着用するブラジャーのタイプ」を聞くと、2008年は75%以上、2016年でも過半数がワイヤー入りブラジャーを着用していると回答している。特に若い世代にその傾向が高い。

寝るときにブラジャーを着用する理由について尋ねると、1位は「バストの形が崩れそうな気がする」(51.4%)、2位は「着けていないと落ち着かない」(48.6%)だった。「着けていないと落ち着かない」という回答は、2014年(3月実施、有効回答数2,140名)は25.5.%だったが、2016年には48.6%と2年間で倍近くに増えている。

(フォルサ)