5つの味が楽しめる、抹茶スイーツプレートが人気!京都の穴場カフェ「テオカフォン」

写真拡大

国内外の観光客でにぎわう京都・新京極エリアにこの春オープンしたカフェ「TEO KAFON(テオカフォン)」。木を基調にしたナチュラルテイストのお店では、自慢のオリジナル抹茶を使ったスイーツが種類豊富にいただけます。

落ち着きのある街なかの穴場的カフェ

みやげもの店や洋服店が建ち並び、連日多くの人が利用する新京極通り。交差する六角通りを東に曲がったところにお店はあります。植物に囲まれた店内は、通りのにぎわいが嘘のような落ち着いた空間。一方ではポップな色づかいの英語表記のメニュー壁に貼られ、外国の旅先で見つけたカフェのような雰囲気も。「日本と外国の文化の融合」というコンセプトにもうなずけます。

自慢の抹茶を使ったデザートの盛り合わせ

一番人気の「抹茶スウィーツプレート」(600円)は、5種の抹茶スイーツが並んだかわいい一皿。店名に「茶」を意味する「TEO」と付く通り、お店の自慢は何といっても抹茶で、契約している農家から仕入れて挽いたオリジナル。その抹茶を使ったスイーツが豊富で、どれも甘みの中に独特の苦みを持ち合わせた濃厚な味わいです。5種ともに単品でも注文可能で、特に好評のエクレアはぎっしりと抹茶クリームが入って食べごたえ十分ですよ。

目の前でドリップしてくれるコーヒーセット

「カフォン」を意味するコーヒーに小さなスイーツが添えられた「カフォンセット」(500円)も人気。空のコーヒーカップと豆の入ったドリッパー、そしてスイーツが木のボードにセットされています。スタッフが目の前でドリップしてくれるので、淹れたての芳醇な香りも存分に楽しめるのもうれしいところ。

コーヒーは渋みや酸味のバランスがよく、そのままでもとても飲みやすいですが、コクのある生クリームを入れて味の変化を楽しむのもおすすめです。セットのクッキーには黒ゴマやきな粉を使っていて、日本らしさも感じられますね。

ランチにデザートに、今後もメニューはどんどん増えていくそうです。これからも大注目の一軒ですね。

ことりっぷの最新記事