「ロボットは必要ない、早く帰れば生産性は上がる」―UN Women事務次長

写真拡大

2015年秋、ニューヨークの国連本部で「国連持続可能な開発サミット」が開催された。そこで採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」では、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントが貧困や飢餓を撲滅する方法を見出す前提条件と認識されている。では、女性のエンパワーメントを推進させる上で、現在の課題は何なのか。そして、課題解決のために、日本はいま何をすればよいのか。

ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのために2010年に設立された国連機関、UN Women(ユー・エヌ・ウィメン)のヤニック・グレマレック(Yannick Glemarec)事務次長に伺った。

谷本有香(以下、谷本):それぞれの国がジェンダー問題を抱えていると思いますが、現在、世界において、何が最優先課題なのでしょうか。

ヤニック・グレマレック(以下、グレマレック):優先するべきことはたくさんあり、国によって異なります。UN Womenが設立されたのは、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントに対する制度的な関与がなかなか進まなかったからです。

UN Womenとして、ジェンダー平等と女性エンパワーメントへの認識は2つ。ひとつは、これが女性だけの問題ではなく、組織が関与する構造的な問題であるということ。そしてもう一つは、1995年の北京行動網領採択から20年以上経った今でも、この問題の改善が思うように進捗していないということです。

どの国でも達成できているという状況になるには、22世紀の終わりまでかかるかもしれません。たとえば世界経済フォーラムによれば、これまでの進展のスピードでは、男女の経済的機会の格差を埋めるだけでも118年かかります。2133年では遅すぎますね。

UN Womenの主要な使命はジェンダー平等と女性のエンパワーメントの進展を加速させ、2030年までに50/50の世界を達成することです。そのために、次の5つの事柄に重点的に取り組んでいます。

1. 女性の政治参画
国連のミレニアム開発目標では、議会に占める女性の割合をジェンダー平等への進歩を図る一助になると考えています。しかし、各国の議会における女性議員の割合は必ずしも大きくありません。平等な政策を推し進めるためには、少なくとも30%が女性であるべきで、多くの新たな女性の政策立案者が必要です。

2. 女性の経済的エンパワーメント
コンサルティング会社 マッキンゼー・グローバル研究所の報告書(「The Power of Parity」2015年)によれば、女性が男性と同等のレベルで経済活動に参加した場合、2025年の世界GDPは、現状のままの場合と比較すると28兆米ドル(または26%)増加すると試算されています。

また日本の場合、ゴールドマン・サックスの推定では、女性が男性と同じ水準で労働市場に参加するとGDPが13%上がります。

女性に労働市場への参加を促すことは重要ですが、家事や育児、介護に加えて8時間働くという意味ではありません。男性も家庭や社会での役割を果たし、また長時間労働を減らし、生産性を高めることが急務です。国家が社会インフラやサービス、保育施設に投資することで、保障された賃金や安全な職場、そして差別のなく働ける環境を整えることが重要なのです。

3. 女性に対する暴力の撤廃
現在、3人に1人の女性が暴力の被害にあっていると報告されており、その多くは夫婦間など親密なパートナーからの暴力です。女性に対する暴力が撤廃できていないのは、政府や社会の関与の不足と、政治・経済エンパワーメントの不足が原因です。

4. 平和・安全保障・人権活動での女性の関与
女性たちが平和運動を主導し、紛争後の地域社会の復興に力を尽くすことはあっても、和平交渉に加わる機会を得ることはほとんどありません。もし平和交渉の早い段階での女性の強い参加を確保できたら、女性は変革の立役者になれることがコロンビアなどの事例から証明されています。

5. 国家計画、政策、制度、予算にジェンダー平等を反映させること
公的予算を組む際に、橋や競技場の建設などを「投資」と捉え、保育施設などを「コスト」と捉えることは理にかないません。人々が社会に貢献しやすい環境を作ることにより多くの予算を使うように提案することです。

女性のエンパワーメント推進は女性の権利の向上であると同時に、多くの差し迫った社会問題の解決策でもあると、私たちは強く信じています。

谷本:国または地域によって、女性の活躍を阻害する要因は違いますか。

グレマレック:社会規範によりますね。ある国では、男性の職業と決められた仕事があり、女性は就くことができなかったりと、女性に開かれている扉は国によって違います。それらは法律や制度だけの問題ではなく、男女それぞれに何が適しているかを決めている社会規範によるものです。一刻も早く、女性の人権がどこの国でも尊重される世界にしたいと思っています。

谷本: 韓国やドイツ、イギリスでは、国のリーダーとして女性が活躍していますが、日本では大企業や政治の世界で女性のリーダーが多くありません。どうしたらこの状況を変えられるのでしょうか。

グレマレック:女性の大統領を見て育つ3歳の女の子は、大統領は女性がなるものだと思うかもしれません。こうやって意識が変わっていきます。そういった意味で、ロールモデルを多く作ることは、とても重要です。

その意味で、政党が女性議員を登用したり、企業が女性の重役を登用したりするのも大切なことです。そのためには様々な方法がありますが、その一つとして、一定の割り当て(クオータ)を決めることは、とても有効です。

たとえば「ある期日までに役員の30%を女性にする」と決めると、どこの国でも最初は「無理です」「十分な数の候補者がいません」という声があがります。しかし、とにかくやりなさいと突っぱねると、あるとき、急にすべてが可能になります。第1段階では「不可能」という声を聞き、第2段階では「可能」という声に変わり、第3段階ではもはや割り当て制度さえ不要になります。

それはなぜか。企業や政党は、多様性があると効率が高まるということに気がつくからです。会議にタイプの違う人が参加していると、思いもつかなかったアイデアが出て、政策や計画がより効率的になるのです。

谷本:そのような変化を迎えるまでには、通常どのくらい時間がかかりますか?

グレマレック:その国の社会規範によりますが、多くの国々は、積極的な努力を始めてから20年以内に第3段階にたどり着いています。根本的変化には一世代必要なので、すぐに着手するのがよいでしょう。

谷本:安倍晋三首相が「2020年までに、ビジネスと政治の指導的地位にいる人の3割を女性にする」と目標を掲げましたが、達成の見込みはどれくらいあると思われますか。

グレマレック:とても良い目標ですよね。ジェンダー平等と女性のエンパワーメントについての政策は散見されますが、日本の政策「ウィメノミクス」は、それを新しい経済政策のパラダイムの一部としているという点で非常に強いです。

その目標値だけでなく、保育施設への投資や残業時間の削減、「重要なのは生産性で、むやみに仕事に時間を費やすべきではない」と周知することで、いろいろな局面で進捗し、可能性はどんどん高まることでしょう。

ウィメノミクスは、日本ならではのオリジナリティの高いミッションで、多くの国がとても注目しています。もし日本が成功すれば、他のアジア諸国等、伝統的社会にとって大きな意味を持つでしょう。

谷本: 日本はジェンダーのギャップが大きい国です。日本が学ぶべき国はありますか。

グレマレック:世界には既存の公共政策で良いものがたくさんあります。ひとつの国から学ぶのではなく、国際的ベスト・プラクティスの中から、ウィメノミクスという新しい経済パラダイムを推し進められそうな政策のパッケージを見つけ出してみてはいかがでしょうか。

日本は、この問題への取り組みが非常に遅れていましたが、ここにきて、強い意志を持ち、多くの国々の事例を参考としつつ、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントを加速させる独自の方法を見つけるかもしれませんね。成功すれば、第二の明治維新というくらいのインパクトです。頑張って欲しいです。

谷本: 日本における最も深刻な問題のひとつがシングルマザーの貧困です。どうすれば女性の経済的自立を推進できますか。

グレマレック:シングルマザーを含む、経済的弱者の女性が経済的自立を果たすために必要な初期支援サービスのを良い投資と捉え、投入することです。

また、セーフティーネットに頼ることができるシングルマザーは、子どもに良い教育を受けさせ、子どもと自分自身の可能性を十分に伸ばします。私たちは、簡単にできる公共投資などをやめ、人のポテンシャルを高める施策にお金を使うことを投資だと考えるべきです。

aa

谷本:日本では特に、ジェンダー問題を扱う議論に男性がいつも入っていないように思えるのですが、どうしたら、男性を巻き込むことができるのでしょうか。

グレマレック:私がUN Womenに入ったのはごく最近のことですが、ムランボ・ヌクカ事務局長からチームへの参入を依頼されてとても驚きました。なぜなら私はエンジニア出身で環境保全の大きなプログラムの運営をしており、ジェンダー平等と女性エンパワーメントに関しては個人的に賛同していましたが、ジェンダーの専門家ではなかったからです。

しかし事務局長には、女性のエンパワーメントを次の次元に推進してゆくチームには、ジェンダーの専門家ばかりではなく、広く政策推進能力のあるスタッフや男性が必要だという考えがありました。男性に対しては男性が発言した方が聞いてもらえる場合があるからです。

全員を巻き込み社会を変えて行くためには、全員に説明しなくてはなりません。女性が活躍しても男性が負けるということではない。ゼロサムゲームではなく、双方にとって利益となることなのです。ジェンダー平等と女性のエンパワーメントは女性だけのためではなく、社会全体を利する政策なのです。

そこに投資をする社会は、より豊かに、より健康に、そしてより幸せになる。ジェンダー平等を達成した社会に属する人は女性だけでなく男性も、二度とそれ以前に戻りたいとは思わないことでしょう。ジェンダー平等・女性のエンパワーメントと幸せには強い相関があります。

UN Womenでは、ジェンダー平等を男性に呼びかけるHeForShe(ヒーフォーシー)キャンペーンを展開しています。女性(シー)のために良い社会は、ヒー(男性)にとっても良い社会で、ヒーが積極的に推進していくべきだという意味です。

谷本:北欧の国々などは、すでにジェンダー問題を解決したという人がいますが、それは本当でしょうか。

グレマレック:私はそう思いません。たとえば世界銀行が行った調査によれば、173か国のうち少なくとも155か国で、経済活動において女性への差別があります。教育によってジェンダー平等と女性エンパワーメントをある程度達成した国々はあるものの、まだあらゆる国に大きなギャップがあります。

谷本:ジェンダー平等のために、日本で取り組むべき最も深刻な問題は何でしょうか。

グレマレック:現状のままの日本では、育児や介護、家事の負担を減らし、女性の労働市場参入を増加させるのはとても難しいでしょう。男性が会社への献身を見せるために夜中まで働かなくてはならないからです。男性は疲れ切っているので生産性は低く、家で子ども達の面倒をみることができない。そして育児や家事のほとんどが女性にのしかかっています。

これでは男性も女性も子供も不幸で、誰にとっても良くないですね。社会としての生産性も低い。政府がこれだけ熱心にウーマノミクスを推奨する所以ですが、制度と人々のマインドセットを変えなければ、根本的な変化はおきません。

一番大切なことは、社会インフラやサービスに投資をし、育児や家事の負担を軽減することだと私は思います。働く時間を増やすことでなく、時間当たりの生産性を高めること。男性であれ、女性であれ、家族の面倒を見たり社会に貢献するために、社員が4時や5時に帰宅しても誰も批判をしないこと。それは会社にとって良いことです。なぜなら、従業員はより創造力に富んだ仕事をするようになるからです。

谷本:日本では高齢化が進んでいるため、ロボットなどを使って生産性を上げようという考えもあります。

グレマレック:生産性を上げるためにロボットは必要ありません!働く時間を短くし効率性と幸せ度を上げるだけでいいのです。夜はゆっくり休み、家族と朝6時に起きるだけで、生産性が上がります。

日本は、どちらか決めなくてはなりません。今までのように、低い生産性を批判されながらも会社への献身を見せるためだけに夜中まで働くか、早く帰宅し親や子どもの面倒をみて健康的で幸せな生活を送るのか。ロボットのことよりも、そのことを考えてみてください。逆にロボットが介護や育児をすることによって、人間が夜遅くまで働かなくてはならないとしたらひどい話です。

谷本:最後に、ジェンダー問題を解決するために、日本人へ向けてアドバイスがあればお願いします。

グレマレック:女性に向けてのアドバイスは、自分を信じること。できると信じてください。男性へのアドバイスとしては、変化を恐れないということですね。ジェンダー平等は女性にとってだけでなく男性にとっても得るものが多いものだからです。
a

ヤニック・グレマレック(Yannick Glemarec)◎パリ大学 環境科学 博士課程修了、水文地質学と経営管理学で修士課程修了。国連開発計画(UNDP)地球環境ファシリティ(GEF)ユニット執行調整官/ UNDP政策立案局環境資金・環境エネルギー部部長)、国際開発計画(UNDP)マルチ・パートナー信託基金エグゼクティブ・コーディネーターを経て現職。