Facebookが「マシンヴィジョン」開発ツールをオープンにした理由

写真拡大

フェイスブック人工知能研究(FAIR)は、マシンヴィジョン開発ツールをオープンソースとして公開した。そうすることで、自社だけで取り組むよりもずっと速いスピードで人工知能を進化させることができると彼らは考えている。

「Facebookが「マシンヴィジョン」開発ツールをオープンにした理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

ディープラーニングと呼ばれる人工知能(AI)が進展した結果、コンピューターは現在、犬と猫の差異の認識に非常に長けるようになった。しかしフェイスブック人工知能研究(FAIR)は、マシンヴィジョンをもっと有益なものにしたいと考えている。

FAIRの研究者であるピョートル・ダラーは、写真に特定のもの(猫や椅子、銃など)が写っていることをマシンが認識するだけでなく、写真の細部の一つひとつを確認し、細部がほかのすべての細部に対してどのような位置にあるのかを把握できるようにするのが第1歩だと語る。彼のチームは、まさにそのためのツール群を制作した。

このツール群は、フェイスブックがマシンヴィジョンのより洗練されたシステムをつくるうえで必要な基礎的要素になる可能性がある。例えば、フェイスブックは目の見えないユーザーに写真を説明することができるソフトウェアを開発している。加えてこのツール群は、現実世界に高い精度でイメージを表示する拡張現実(AR)システムの構築にも利用できるかもしれない。

フェイスブックはこのツール群を公開(オープンソース化)しており、あらゆる開発者がツールのコードに触れて、自分のプロジェクトに使うことができる。

マイクロソフトの「Kinect」は手や顔を追跡するし、自律走行車は周囲の自動車と歩行者の位置を把握する。しかし、こうしたシステムにおける「映像の特定」は深度センサーに依存しているとダラーは述べる。これに対してFAIRのソフトウェアは、2次元の画像から特定ができる。そして特定した物体の輪郭を、正確に認識することができる。この能力はフェイスブックのAIが、画像内の大きなオブジェクトだけではなく、小さな細部すべてを「見る」のに役立つはずだ。

FAIRは、社内での用途が見つかる前に、その成果をいち早く公開した。それはちょうど、フェイスブックが先日オープンソース化した、スパムとクリックベイトの特定に利用できるツール群「FastText」の場合と同様だ。

フェイスブック、グーグル、マイクロソフトなど多くの企業が、AIシステムなどをオープンソースのプロジェクトにしているが、その大半は、各社が社内で利用するために開発されていたソフトウェアの一部だ。これに対してFAIRが行う研究には、フェイスブックで利用されるとは限らないものもある。

FAIRは、このような基礎的な開発を行いその成果をほかの研究者にも共有することで、フェイスブックの短期的な問題を解決するプロジェクトに秘密裏に取り組んでいたとしたら不可能な速度で、AIを大きく前進させることができると考えている。

RELATED