中華料理はフランス料理、トルコ料理とともに世界3大料理に数えられることが多く、日本人にとっても非常に身近な料理だ。ラーメンをはじめ、日本人の日常生活にすっかり溶け込んでいる中華料理も少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中華料理はフランス料理、トルコ料理とともに世界3大料理に数えられることが多く、日本人にとっても非常に身近な料理だ。ラーメンをはじめ、日本人の日常生活にすっかり溶け込んでいる中華料理も少なくない。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、中華料理は世界中で高く評価されているうえ、日本人の胃袋をも「征服」したメニューがあると伝え、日本で広く親しまれている中華料理のメニューを紹介している。

 記事が挙げたメニューはエビチリ、餃子、春巻き、肉まん、チャーハン、そして麻婆豆腐だ。いずれも日本人なら誰もが食べたことがあるメニューであり、いかに日本人の生活に中華料理が溶け込んでいるかが分かる。「日本人の胃袋をも征服」したという表現もあながち間違っていないだろう。

 記事が挙げているメニューのうち、日本と中国でもっとも味が違うのは餃子と麻婆豆腐だろう。餃子は主に中国の北方で「主食」として食べられ、日本のようにおかずとしては食べられていないうえ、中国では水餃子であることが一般的だ。中国では焼き餃子にするのは前日の残った餃子を加熱のために焼くという程度だ。また、中国では水餃子専門店もあり、中の具も種類が非常に豊富に存在する。

 また、四川料理の1つである麻婆豆腐は、本場中国の場合は中国山椒がたっぷり入っているため、日本の麻婆豆腐と違って「しびれる」辛さが特徴的だ。「日本人の胃袋を征服」したという表現だが、日本で大人気の中華料理のメニューも、実際には日本人好みの味にアレンジされていることが分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)