多彩なスポーツ番組が月1750円で見放題の「DAZN」は広く浅いスポーツファンにこそおすすめ!

写真拡大

この夏の国内ローンチを予告していたスポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、8月23日に正式サービスを開始しました。

国内スポーツはサッカーJリーグやプロ野球、バレーボールVリーグ、ラグビートップリーグ。海外スポーツはサッカー各国リーグやF1、MLB、NBA、NFL、総合格闘技UFCやゴルフ、サイクリングなどを配信。国内・海外あわせて130以上のコンテンツがラインアップされており、月額利用料は1750円(税抜)です。

『DAZN』は、世界中でスポーツ関連のメディアやサービスを展開している英Perform Groupが展開するスポーツ動画の配信サービス。特徴としては、スポーツ観戦の醍醐味であるライブ観戦だけでなく見逃し視聴にも対応している点、テレビやPC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応している点、日本語での実況や解説など日本向けにローカライズされたコンテンツが用意されている点などが挙げられます。

最も重要になるコンテンツは、非常に多岐にわたるラインアップです。サッカーはJリーグ(J1〜J3の全試合、2017年シーズン以降)のほか、ドイツ・ブンデスリーガやイタリア・セリエA、フランス・リーグアンなど各国のプロリーグと、南米や欧州のW杯予選も配信。野球はプロ野球の横浜と広島の主催全試合に加え、米MLBも観られます。

また、ゴルフのPGAツアー、バスケットボールの米NBA、モータースポーツのF1、アメリカンフットボールの米NFL、バレーボールのVリーグ、ラグビーのトップリーグ、サイクリングのツール・ド・フランス2017、格闘技のUFCなど、メジャーなスポーツはひと通り揃います。さらに、ダーツやビリヤード、ボーリング、馬術といった、あまりなじみのないスポーツも観られるのが面白いところです。

筆者は『DAZN』について、特定のチームやスポーツを追いかける"狭く深い"スポーツファンではなく、スポーツ全般が好きな"広く浅い"スポーツファンに最適なサービスだと感じました。筆者自身も、空き時間にテレビをザッピングしてスポーツ中継を見つけたら、それがどんなスポーツであってもしばらくは見続けてしまうようなタイプですが、地上波やBSでは常に中継があるとは限りませんし、月額数千円を払って衛星放送やネット配信サービスに加入するほど視聴の機会は多くありません。それが『DAZN』では、月額2000円弱という比較的リーズナブルな金額のみで幅広いラインアップのスポーツ中継をいつでも観られるのですから、これは嬉しいです。

実際、8月23日に開催された発表会では、DAZN日本社長&マネージングディレクターの中村俊氏が「日本では、人口の約9割がインターネットにつながっている。スポーツファンも多数いて、彼らは複数のスポーツを観る傾向があります」と、日本でサービスを開始するに至った背景を説明。

そのうえで、既存のスポーツ放送(衛星放送や配信サービスなど)については「複雑な料金システムになっており、しかも料金が高額」と問題点を指摘し、『DAZN』はそのような問題点をクリアし、日本のスポーツファンの傾向にもマッチするとアピールしていました。中村氏は「(スポーツ放送の)ライバルとは共存共栄を目指していく」とも語っており、既存のサービスとは異なるファン層をターゲットにしていくことがうかがえます。

というわけで、筆者もさっそくサービスに登録してみました。視聴アプリについては、操作がわかりやすくシンプルなインターフェース。画面に並んだコンテンツ(番組)のアイコンに"ライブ中""視聴中""見逃し配信"といったステータスが表示されており、検索機能も快適です。映像解像度はフルHD(1080p)まで対応で、視聴デバイスと回線速度に応じた最適なクオリティで配信される仕組みだということですが、時おり映像が止まったりすることがありました(これは、筆者宅のネット環境に起因する現象かもしれません)。

気になったのは、レコメンド機能として"DAZNのおすすめ"や"人気のコンテンツ"といったカテゴリーは用意されているものの、ユーザー自身がカスタマイズできる「マイページ」的な機能が用意されていない点。さらに、配信予定が数日先までしか表示されない点も気になりました。

まだサービス開始から間もない時期ではありますが、そのあたりは改善の余地があるように感じます。

『DAZN』を視聴可能なデバイスは、PCやスマートテレビ、iPhone/iPad、Androidスマホ/タブレット、Amazon Fire TV/Fire TV Stick、ゲーム機(近日対応予定)など。デバイス登録台数は1アカウントにつき最大6台で、同時視聴可能台数は2台までとなっています。ふだんは自宅のリビングでテレビ視聴し、出張先ではPCで視聴といったことも可能ですし、家族で別々のスポーツ中継を同時に楽しむこともできます。

視聴方法としては、ライブ視聴はもちろんのこと"キャッチアップ"(見逃し配信)機能によるオンデマンド視聴(期間はコンテンツによって異なる)も可能です。スマホやタブレットでのダウンロード視聴については、「日本のファンが熱望しているのは把握しており、近い将来に実現させる予定」(DAZNのジェームズ・ラシュトンCEO)だそうで、「すでに開発の計画にも入っています」(中村氏)とのこと。出勤前にスマホにダウンロードして通勤中に視聴といったことが可能になれば、利用シーンが広がりそうです。

▲DAZNのジェームズ・ラシュトンCEO(左)とDAZN日本社長&マネージングディレクターの中村俊氏。

『DAZN』は1ヶ月間の無料お試し期間を提供中。長期契約の必要はありませんので、たとえば"シーズン後半戦だけのスポット契約"というような使い方もアリかもしれません。スポーツ好きのみなさんは、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。