この秋、キャップは「耳出し&後れ毛」テクでクールにかぶるのが正解◎

写真拡大

キャップ人気が続くなか、秋に向けて流行中なのがクラウンの部分が浅めな形のキャップ。少しメンズっぽい雰囲気のものをかぶるのが今っぽいんです♪ しかし、かぶり方を一歩間違えると野暮ったくなりがちなのも事実。そこで今回は、いろいろなテクを忍ばせたこなれたキャップのかぶり方をご紹介します。

前下がりに被って脱・キュートキャップ

これまでのキャップは、甘めコーデの外しとして可愛くかぶるものでしたが、今秋は本気スポーティー路線でガチめにかぶるのが正解! 野球少年のように潔く深めにかぶりましょう。

耳を出してクールに

後れ毛を出し、耳を覆うようにかぶると可愛い印象にはなりますが、これは一昔前のかぶり方。今は、クールに耳を全部出すのがオシャレです。さりげない違いのようにみえますが、こうしたこだわりが"なんかオシャレ"感に繋がる大事なポイントなんです!

もみあげの後れ毛があれば変化も楽しめる!

可愛さをプラスしたいときや、まとめ髪をして印象を変えたいときには、後れ毛がキーパーツに。とはいえ顔まわりの後れ毛ではなく、もみあげ部分の後れ毛を出すことで大人ボーイッシュな雰囲気をキープできます。もみあげ部分の後れ毛は、あるととっても便利で、全体の髪の長さは鎖骨くらいの私も、もみあげ部分だけ後れ毛用にかなり短く切っています。あごより少し上あたりに切り揃えておくと、巻いてニュアンスをつけたりできるのでおすすめですよ♡

夏に引き続き、テラコッタカラーやボルドーといったレトロカラーも人気ですが、秋冬におすすめしたいのがホワイトのキャップです。寒い季節、暗くなりがちな洋服に差し色として使うだけで、コーデが一気に引き締まるのでぜひゲットしてみてくださいね。

【関連記事】
・ "ちょいボーイッシュ"がモテる時代!?キャップでギャップ萌えヘアメイク♡
・ これがベストバランス!つば広ハットを可愛くかぶるコツ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。