痛い女にならないための“SNSの取り扱い説明書”(photo by Andrey Kiselev/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】TwitterにInstagram、FacebookにLINEなどなど…。SNSって楽しいですよね。でも、SNSの使い方を間違えてしまうと、お友達に嫌われたり、恋愛が遠のいてしまうもの。知らない間に、「痛い女」って思われているかもしれませんよ。そこで今回は、そんなSNSで気を付けたいことをご紹介します。

【他の記事を見る】男性が愛している女性にだけ無意識にやっちゃう5つのこと

♥チェックイン機能


どんなSNSの機能でも、チェックイン機能がありますよね。

あの、「○○なう」って現在地をチェックインで周知させるのが、実は痛い女と思わせているようです。

適度に使うなら別に問題ありませんが、あまりにも頻繁にチェックインしていると「もういらないよ!」と思われてしまいますよ。

テーマパークや旅行ならまだしも、近所のファミレスに入ったことなどは、知らせても鬱陶しいだけなので避けましょうね。

♥自撮り


SNSで写真をUPしていますか?お友達と楽しかった写真や旅行の思い出をシェア。

これはOKです。

ですが、自撮りが多い人は、注意が必要。

前髪切った。今日のコーディネート。キメ顔。こんなニュースを知りたいのは、あなたの彼だけです。

毎日のように自撮り写真がUPされると、お友達は疲れてしまいますよ。

「ナルシスト?痛いな」って思われてしまうでしょう。

特に、SNSで気になる彼がいるならこれはNG。

せめてするなら、個人間で写真を送るようにしましょう。

♥食べ物の写真


いますよね。全ての食べ物を公開している人。

朝食、昼食、夕食などなど。周りからしてみると、別に興味がありません。

また、自分でお料理をしたアピールは、SNSでするとあざとい女性だと思われてしまいますよ。

どんなにキレイに仕上げても、プライベートを公開しすぎるのはNG。

他には、高級レストランで食事したアピール。

嬉しいのはわかりますが、お友達からしたら「だから、何?」以外の何でもありません。

反感を買ってしまいますよ。

仲良しのお友達と個別にお話しする程度に留めておきましょうね。

♥ポエム


失恋した時や辛いことがあった時に、ポエムをSNSに載せていませんか?

どんなに辛いことがあっても、ネット上ではあなたの状況は分からないのです。

だから、切ないポエムを急に書かれても「え?何?どうした?」と思われるだけ。

「変な子だな」「痛い子だな」と思われてしまいますよ。

♥彼氏の惚気


彼氏が優しい、すごく好き、イケメン。それは幸せなことです。

付き合い始めて気持ちが盛り上がっている時に、SNSが彼氏一色になってしまう人っていますよね。

写真も彼氏だけ、投稿も彼氏に関する話ばかり。

でも、ちょっと待ってください。

あなたのお友達は、あなたの彼氏がいかに素晴らしいかを知りたいんでしょうか?

過度な惚気は周りから見て気分がいいものではありません。

お友達と会った時に惚気ける程度にしておきましょう。

いかがでしたか?

「痛い」行動が思い当たる人は、要注意です。

SNSは上手に使って、お友達や気になる彼と仲を深めていきましょうね。(modelpress編集部)