やる気満々のときほど「扁桃体ハイジャック」に注意しよう

写真拡大

「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大学で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』が、発売3日にして大重版が決定する売れ行きを見せている。
最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

▼ストーリーの「背景」について▼
もっと知りたい方はまずこちらから…
【第1回】「何もしない」でも「脳疲労」は消えずに残る
―あんなに休んだのに…朝からアタマが重い理由
http://diamond.jp/articles/-/96908

【第2回】脳が疲れやすい人に共通する「休み=充電」の思い込み
―「疲れ→回復→疲れ…」のスパイラルから抜け出すには?
http://diamond.jp/articles/-/96965

【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。そんな中、ナツは大失敗をしてしまう。

「扁桃体ハイジャック」から脳を守れ!!

「……ふぉふぉふぉ、まあ、そう気を落としなさんな」

落ち込む私にヨーダは言った。椅子に座った私はガックリとうなだれている。ヨーダの週末レクチャーがはじまって2ヵ月が経とうとしていた。カルロス、ダイアナ、そしてトモミと、スタッフにマインドフルネスの効果が現れ、私は内心、ホッとしていた。徐々にではあったが客足も増えつつあり、何よりもお店の雰囲気が以前に比べると格段によくなっている。

ちょっとした厄介事が起きたのは、そんな最中のことだった。端的に言えば、また私がキレてしまったのである。

カルロス、トモミ、ダイアナ、そして私の4人で朝の瞑想を終え、開店準備のためにそれぞれの持ち場に向かうときだった。スタッフの1人が、すれ違いざまに私にだけ聞こえる小さな声で囁いてきたのだ。

「あんた、ずいぶんとベーグル屋のスタッフが板についてきたな、フフ……」

ハッとして振り返ると、あからさまな嘲笑を浮かべているブラッドがそこにいた。もちろんこれは褒め言葉などではない。先端脳科学研究室を逃げ出し、いつまで経ってもイェールへの復帰メドが立たない私への当てこすりだった。私はなんとか感情を抑えようとした。

「そ、そうかしら……。早くこの店を立て直して、研究に戻りたいわ……」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)