【コラム】結婚式は「ご祝儀制」ではなく北海道のように金額が決まっている「会費制」に全国統一すべき!

写真拡大

結婚式、それは人生の一大イベント。開く側はもちろん最初で最後なわけだが(例外あり)、出席する側は大人になるにつれ何度も経験することになる。おめでたい。実におめでたい。心からそう思っている。けどな〜、なんだろうな〜。そう、ご祝儀が面倒くさい。

披露宴に出席する場合、ご祝儀を包む。しかし、私(あひるねこ)はこの「ご祝儀制」が非常にわずらわしい。しょうがないじゃん、と思った人。さてはあなた、「会費制」の結婚式の素晴らしさを知らないな? 私の出身地、北海道で主流の「会費制」結婚式はマジで楽だぞ!

・「ご祝儀制」が嫌な理由

ご祝儀の相場は一般的に3万円。決して安くない金額である。だが、あくまで相場であって、必ず3万円包まなければいけない、というわけではないのが個人的に「何なの?」と思う。やろうと思えば3000円でもいけてしまうじゃないか。まあ別にやらんけど、曖昧にせずハッキリさせてほしいのだ。

他にもお札は「割り切れない」枚数とか、新札じゃないとダメとか、ご祝儀袋の選び方とか書き方とか、とにかく面倒。それ、お互いがホントに望んでいるのか? というか、言わないだけでみんな面倒だと思ってるだろ。おめでとう! という気持ちがあるだけではいけないのか。

・「会費制」はいいぞ

今こそ私は声を大にして言いたい。全国の結婚式を「会費制」で統一しよう、と。北海道で開かれる結婚式はこの「会費制」が主流である。最大の特徴は、金額があらかじめ決まっていることだ。しかも、だいたいが1万5000円前後とかなり安い。

お金は受付で現金を直接払う。当然、ご祝儀袋なんて必要ない。新札である必要もないので、先日私は会場近くのコンビニATMでおろしてそのまま支払った。どうだろうか? 新郎新婦から提示された金額を支払う。非常にシンプルである。これでよくないか?

・「会費制」の結婚式って知ってる?

そもそも、「会費制」の結婚式の知名度はどのくらいなのか? そこで、ロケットニュース24内でアンケートを取ってみた。結果は以下の通り。

・「会費制」の結婚式に出席したことがある 2名
・「会費制」の結婚式の存在は知っているけど、出席したことはない 7名
・「会費制」の結婚式という存在自体を知らなかった 8名

やはり「会費制」自体を知らない人は多いようだ。つまり、ご祝儀以外の選択肢を与えられていないということ。これはイケナイ。我々に自由を! 逆に道民の友人・知人に聞いたところ、「会費制」しか経験のない人がほとんどだった。ちなみに「ご祝儀制」の方がいい、と答えた人はいなかったこともお伝えしておこう。

・無駄を省く

披露宴自体は、新郎新婦の親族や勤務先の偉いおじさまも来るガチなものだ。「ご祝儀制」と何ら変わらない。その代わり引き出物などは簡素。道民の20代既婚女性に聞いたところ、「自分の時は1000円くらいのお菓子だけだった」とのこと。安く出来るなら、その方がいいではないか。

・結婚式の理想形

「ご祝儀制」について調べるたび、面倒な習慣だな〜とつくづく思う。しかし、最近は「会費制」も少しずつ増えているようだ。1番大事なのはお祝いの気持ちであって、それ以外の無駄は可能な限り省き、金額は安く抑える。出る側も開く側も、これが理想的な結婚式だと思うのだがどうだろう?

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む