日本を訪れる中国人が増加の一途を辿っている。日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年1−7月に日本を訪れた中国人外客数は前年同期比38.2%増の380万7900人に達した。これは、過去最高を記録した前年をさらに上回るペースだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人が増加の一途を辿っている。日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年1-7月に日本を訪れた中国人外客数は前年同期比38.2%増の380万7900人に達した。これは、過去最高を記録した前年をさらに上回るペースだ。

 訪日中国人が増えるということは、消費によって日本に経済効果をもたらすだけでなく、訪日旅行を通じて日本に良い印象を抱き、日本を理解する人が増えることも意味する。中国メディアの捜狐はこのほど、中国の日本に対する理解が深まる一方で、日本には中国に対する偏見が存在すると主張する記事を掲載した。

 記事は、日本の一部基金による招聘に応じて訪日した中国の有識者の見解を紹介。中国人の日本に対する見方は常に「二面性」があるとしたうえで、日本人の民度の高さや細部にまで徹底的にこだわる姿勢に感服する一方で、歴史問題や領土をめぐる対立を背景に日本に対して警戒心を抱いていると論じた。

 続けて、実際に訪日して見た日本の姿について、非常に事細かく伝えている。日本のサービスのきめ細やかさ、日本社会の発達ぶり、日本人の民度の高さ、日本人女性の美しさ、日本の自然環境の良さなど、日本に好意を持って真実の日本の姿を中国人読者に伝えた。

 また、中国人旅行客が観光で日本を訪れても体験できないことの1つとして、若い世代の日本人との交流を通じて感じたことも紹介している。中国人の立場から見て、日本の若い世代は「政治について知らないことが多い」とし、むしろ政治に関心を抱いていない事がわかったと紹介。

 さらに記事は、中国についてもあまり多くを知らないのが現実であり、中国に関するわずかばかりの知識も「偏見やマイナス面のことが多かった」と紹介。多くの中国人が旅行で日本を訪れ、日本製品や日本人の民度を称賛し、中国人の日本に対する理解が深まる一方で、日本人の中国人に対する理解は進んでいないことを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)