結婚はゴールではなくスタートライン。ふっと息を抜いている場合ではありません。
結婚して永遠の愛を誓ったとしても、保証されてはいないのです。つまり彼の気が変わってしまえば、いくら夫婦になっても終わってしまうときは終わってしまうもの。

せっかくご縁があって家庭を築いているなら、ずっと温かな日々を過ごしていたいですよね。

そこで今回は、結婚してからも一途に愛される女・捨てられる女の違いをご紹介してまいります。

愛される女は、1人の時間が得意 

結婚してからも彼に愛されたいなら、今のうちに1人で過ごす時間が得意になっておくといいでしょう。いくら結婚しても、常に彼と一緒にいれるわけではありません。週末のお休みに入っても、彼はあなたを家に置いて、友人たちと旅行へ行くときだってあります。

そんなときに「せっかくの休みなのに何で行っちゃうのよ!」と彼を責めているようでは、2人の関係は長続きしません。

彼が外出することを「ラッキー♪」ぐらいに思える心の余裕がなければ、これから先、夫婦生活は続いていかないでしょう。彼がいない間に、部屋をゆっくり掃除したり、近くのカフェで時間を気にせず過ごしたり……。

結婚をしても彼から自立していることは大前提!

すぐに捨てられる女は、結婚してからさらに彼しか目に入っていない

お付き合いしていると同じで、結婚しても何よりも家庭を優先する人がいます。

もちろん、それぞれ価値観が異なり優先すべきものは違って当たり前ですが、彼だけしか目に入っていない状態はマズいかも……。

せっかく友だちが誘ってくれているのに「また近々ね!」「時間が空いたら誘うね」と遠まわしに断っていませんか? そのままでは、本当に彼しかいなくなってしまいます。

結婚をしても、友人たちと疎遠になる必要はありません。多少話が合わない部分がでてくるのは仕方がないこと。

それでも定期的に親友と会うことで旦那さんと喧嘩したときも愚痴を聞いてもらえるのです。

結婚してから明らかに視野が狭まっているなら、友人たちを誘って、どこか遠くへお出かけしてみましょう!

愛される女は、不器用だけど“器用に”振る舞える

結婚してからも愛される女性の特徴として不器用だけど器用に振る舞えるという部分を挙げることができます。本人からしてみれば、きっと何をやるのも不器用に感じているでしょう。おそらく仕事と家庭の両立にも日々悩み、常に模索している状態。

しかし、はたからみれば仕事も家庭も完璧に両立していて、毎日お惣菜に頼らずしっかり彼のために食事をつくって、まさにパーフェクトな女性にみえるもの。

でも、それは大変な部分を決して人様にはみせていないからなんです。

最近は常にTwiiterにつぶやき、プライベートがダダ漏れ状態の人がたくさんいます。もちろん彼女たちは到底、器用に生きているとは思えません。

不器用だけど周りから器用にみえる人は彼からも大切にされるでしょう。

すぐに捨てられる女は、自信のなさを彼に尽くすことで埋めようとしている

本来は独身時代のうち(彼とお付き合いしているうち)に経済的・精神的に自立していることが前提となってきますが、元々自分に自信がない人は一生懸命彼に尽くして、流れるように結婚まで辿り着いたのでしょう。

しかし、いつかは彼にその自信のなさを見破られてしまいます。もしかしたらもう分かっているうえで、あなたと一緒にいる可能性も……。

彼が求めていないにもかかわらず、一生懸命尽くしても、きっと彼からはあまりリターンが返ってこないでしょう。だって、彼からしてみれば、自信のなさをカバーしようと尽くしているだけと分かっていますからね。

自信をつけたいなら、仕事にも力を入れて、精神的に自立することが大事。いつまでも彼におんぶにだっこでは、結婚生活もいつかはヒビが入ってしまいますよ!

愛される女は、空回りすることもあるけど頑張り屋さん

結婚してからも彼から愛情を注いでもらっているほどですから、きっと人一倍の頑張り屋さんなんでしょう。頭の中でグルグルと考えすぎて空回りすることもたくさんあるけど、それでも、そんな彼女の姿をみていると、心が和むはず……。

新しい料理にチャレンジして失敗してしまっても、彼にとっては頑張ろうとした事実が何よりも愛おしく感じるもの……。普段、バリバリに働いている女性が料理に失敗して、落ち込んでいれば、彼も守ってあげたくなりますよね。

愛される女性になりたい!

結婚はスタートライン。

まだまだこれから先が長い以上、成長を止めるわけにはいきません。

彼が他の女性へ癒しを求めないように、常に自分の状況を分析して、一歩ずつでも前に進めるように内面から磨いていきましょう!