妊娠を知った日の夜から不思議な夢を見るようになった……そんな経験はありませんか? ホルモンバランスや血液の循環など妊娠中は体のなかでさまざまな変化が起こっている時期。そんなときは夢にも変化が表れます。
今回は妊娠中にみがちな不思議な夢についてまとめてみました。

子どもの性別がわかる夢

妊娠の初期は子どもの性別がわかる夢をみることがあります。これはお腹のなかにいる子どもの性別に対する関心を表しています。
性別は男女どちらでも構わないと思っていても、潜在的にはどちらか一方の性別を望んでいることを表している可能性もあります。

小動物が出てくる夢

妊娠初期から出産直前までは生命を宿すという神秘に関する夢をみることがあります。たとえば魚が川の底に卵を産みつける夢など、受胎の象徴となるモノや動物が夢に表れます。
また、妊娠初期は、赤ちゃんの象徴として小動物が夢に出てくることがあります。

突然出産する夢

妊娠後期になると出産する夢をみることがあります。不思議な場所で出産したり、スカートの裾から赤ん坊の足が出てくるなど悪夢や驚くような夢をみることもあるかもしれませんが、心配はご無用。
これは、出産への不安や興奮、赤ちゃんに会えるワクワク感を表しています。

変なものを生む夢

妊娠中は赤ん坊を産む夢だけでなく、子猫や子犬、はたまた歯ブラシや人形など不思議なモノや動物を出産する夢を見ることがあります。決して見ていて気持ちのよい夢ではありませんが、これらは妊娠中にはありがちな夢。こんな夢をみるとお腹のなかの子どもが心配になってしまいそうですが、この場合、夢のなかにでてくる子猫や子犬・歯ブラシ・人形は赤ん坊を象徴していることが多く、上記のように出産への不安や興奮を表しています。

子どもを忘れてしまう夢

妊娠中の不安は夢のなかで最悪のシナリオ書きあげてしまうことがあります。子どもを忘れる夢はまさにその典型。子どもと一緒に買物に出掛けたのに、試着室に子どもを置いてきてしまった……なんて、想像しただけで疲れてしまいそうな夢ですが、このような夢は子どもに対する責任感の芽生えを表していることがあります。
また、子どもをもつ準備ができていないと感じたり、母親になることへの不安を表している場合も。

閉じ込められる夢

悪夢も妊娠中にみやすい夢のひとつ。とくになにかに閉じこめられたり、水中のでもがいていたりする夢をみることがありますが、これは子宮のなかにいる赤ちゃんを表している場合があります。
または、子どもが生まれたら奪われてしまう自由や子育てに束縛される生活への不安を表していることも。赤ちゃんが生まれてくる日が待ち遠しいと思う一方で、親となって激変する生活に対する不安を象徴している可能性もあります。

▽ 参考記事(海外サイト):