シモーン・ロシャの″フラワーモンスター″ ドーバー銀座に上陸

写真拡大

 デザイナー シモーン・ロシャ(Simone Rocha)が、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)でインスタレーションをスタートした。 シモーン・ロシャのモンスターの画像を拡大

 インスタレーションは、シモーン・ロシャのロンドン店から巡回した特別展示。「Deconstructed Flower Monster」と題された同展では、2016-17年秋冬コレクションとともに、英国から届けられた巨大オブジェがエレファントの脇を埋めるように設置されている。小塊(blob)と称されたオブジェは、無作為に形作ったフレームの上から編目の細かなスチールネットをかぶせ、布の花やPVCフラワーを無数に縫い付けて製作。フラワーはシモーン・ロシャが毎シーズン自身のコレクションにプリントや刺繍、レースとして取り入れているシグネチャーモチーフで、メタルオブジェとの融合によりフィーチャリスティックな空間が演出されている。