高速インターネット実現のために、グーグルが「無線」にこだわる理由

写真拡大

「グーグル・ファイバー」のサーヴィス名で高速インターネット通信を提供しようとしているグーグル。同社は、個人や企業にあまねく高速通信を届けるためには「無線技術」こそが必要だと考えているようだ。

「高速インターネット実現のために、グーグルが「無線」にこだわる理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

これから、わたしたちにはさらに高速なインターネットが必要になる。高解像度ヴィデオのストリーミングやVR(ヴァーチャルリアリティ)を通して世界を散策することを考えれば、そして、まだ誰も思いもつかないことを実現するためには、さらに多くの帯域幅が必要になるのも当然だ。

誰もやらないから、グーグルがやる

グーグルは、しかしインターネット接続サーヴィス事業者が必要な帯域幅を提供しないだろうと気をもんでいる。だからグーグルは、自分の手で何とかしようとしている。数年前にグーグルが発表した、超高速インターネット接続を特定の都市の家庭・企業に提供する「グーグル・ファイバー」(Google Fiber)のことだ。

グーグルが改めて定義した高速インターネットの概念は、サーヴィス提供者同士の競争を激しくすることになった。そして、この大改革を加速させるべく、グーグルは無線技術に取り掛かっている。

今日、最速のインターネット接続は「有線」経由でもたらされるものだ。家庭におけるネット接続は、携帯電話でのそれよりも高速だ。しかしグーグルは、異なる種類の無線を検討しており、そこに勝機を見出そうとしている。

無線でなくても可能なはずだが

今年初め、米カンザスシティ当局は、グーグルがインターネット接続ネットワークを拡張できるようにすべく、無線アンテナを同市の電柱に実験的に設置するというグーグルの計画を承認した。

『Busines Insider』誌が掴んだ新しい文書によると、グーグルはその実験をジョージア州アトランタ、テキサス州オースティン、ユタ州プロボを含む各都市に拡張する計画を進めているようだ。

とはいえ、(グーグルが目指す速度を満たす)ギガビットインターネット接続を提供するのに必要な光ファイバー配線パイプは、米国国内の大半ですでに利用可能だ。問題は、そのような配線を一般の家庭やオフィスに接続すること──いわゆるインターネット接続の「ラストマイル」のためには、非常にお金がかかるのだ。ときにそれは、住民たちの家の庭や歩道を掘り起こさなければならない。

Fiber-Provo-Installations

PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE FIBER BLOG

グーグル・ファイバーがスタートしたカンザスシティでは、グーグルは、同社のケーブルを既存インフラの配管に沿って走らせるよう契約をまとめることで設置費を削減できた。しかし、その他の都市では、同社は電柱にアクセスする幸運には恵まなかった。例えば、AT & Tは、ケンタッキー州ルイヴィルでグーグル・ファイバーが同社の電柱にアクセスするのを防ぐべく訴訟を起こした

そう。これが、なぜグーグルが無線技術に移行しているように見える理由だ。つまり、無線技術であれば設置費用がかなり安く済む、ということだ。グーグル・ファイバーはシリコンヴァレーおよびオレゴン州ポートランドでのファイバーの設置計画が遅れていたとされているが、最近伝えられるところによると、代わりに無線インターネットアクセスの提供を検討しているという。

グーグルだけではない

グーグルは最近、ウェブパス(WebPass)と呼ばれるインターネット接続業者を買収した。ウェブパスは、サンフランシスコのアパートに高速接続を提供するための無線バックホールをすでに利用している。そしてアルテミス・ネットワークス(Artemis Networks)と呼ばれる企業とのパートナーシップを通して、グーグルはいつかさらに進んだやり方を提供できるかもしれない(アルテミスは、帯域幅をさらに向上させる可能性のある「pCellネットワーク」に取り組んできている)。

グーグルとは違って、フェイスブックは、インターネット接続サーヴィス事業者になることには興味はなさそうだ。

しかし、インターネットアクセスの向上を目指す技術に多額の投資を行っている。今年これまでに、フェイスブックは、新しいタイプのアンテナやその他の無線技術の構築と、その設計を無料で電話会社に提供するという意欲的な計画を発表した。

もちろん、世界はまだ、無線インターネットに完全に依存することはないだろう。両社は、海底ケーブルに多額の投資を行っており、またグーグルの親会社アルファベット(Alphabet)も、ガーナにインターネット接続をもたらすためにパイプの溝を掘っている。しかし「ラストマイル」に関していえば、どちらも「無線」の未来を、心に思い描いているようだ。

※ 下記ギャラリーは、フェイスブックが2016年にテスト飛行を行ったドローン「Aquila」。Aquilaはソーラー発電で飛行し、僻地にもインターネット接続を届けることを目指している(引用元の日本語記事

SLIDE SHOW 01-aquilatakeoff-640x427

1/5ローンチ用ドリーから飛び立つ「Aquila」。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

02-02-1024x683

2/5離陸前のAquila(ドリーに載っている状態)。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

03-06-2-1024x683

3/5PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

04-08-1024x683

4/5マーク・ザッカーバークCEOと「Connectivity Lab」のチーム。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

05-20-1024x683

5/5計画では、複数のAquilaがレーザーを使って交信する。
PHOTOGRAPH COURTESY OF FACEBOOK

Prev Next

RELATED