言霊パワーでなれる!ハッピーオーラ全開女子の「ワード置き換え」テク

写真拡大

叶えたい願いがあるなら、口にした方がいい! そんなふうに聞いたこと、ありませんか?

これは願いを人に知ってもらうことで、人と人との繋がりから実際にチャンスが生まれやすい、という実利の意味合いもありますが、“言霊”を意識した部分も大きいはず。

言霊とは、口にした言葉どおりのことが現実に起きたりすることがある、などとされているもの。

失敗した時、くよくよしそうになった時……ついネガティブな言葉を発していませんか? ちょっと無理してでも、そこでポジティブな発言に言い換えることができれば、その後の展開に差が出てくるかもしれません!

実際にありそうな場面で、どんな言葉がNGで、どう置き換えればいいのか? 身近な例で見てみましょう。

■仕事で失敗……「私ってほんとダメ」→「ひとつ成長できた!」

失敗は誰にでもあるもの。うまくいかないことがある度に自分を貶めるような言葉を口にしていたら、「私は仕事がデキない人間だ」と脳にどん刷り込まれていってしまいます。失敗は成功の母。「これでステップアップできた!」ぐらいに考えてOKです。

■ダイエットしてるのに……「たった1キロしか減ってない」→「もう1キロも減った!」

目の前に起きている事態は同じでも、そこでポジティブな言葉を口にするか、ネガティブな言葉を口にするかで、気持ちが全く違ってきます。1キロじゃ足りない、という思い込みはどこからくるのでしょう? すべては考え方ひとつです!

■電車を乗り間違えた……「あーツイてない」→「すぐに気付けてラッキー!」

ぼんやりしていたら、逆行きの電車に乗ってしまった……「もう!」と不機嫌になっても、事態は変わりません。「すぐに気付けて良かった! ラッキーだ!」なんて思えれば、逆に得した気分にすらなれるかもしれません。

■せっかく褒めてもらったのに……「私なんて」→「嬉しい! ありがとう!」

褒められるとどう反応していいかわからなくなる、なんて人も多い、謙遜が美徳とされる日本。ですが、せっかくの称賛の言葉を「いえいえ!」なんて否定してはもったいない。ここは素直に「そう言ってくれて嬉しい!」と答えましょう。さらに「褒めてくれてありがとう!」と感謝の言葉も加えられれば、相手もハッピーにできます。

■夫に彼氏に……もっと言おう、「大好き!」「愛してる!」「ありがとう!」

言い換えではありませんが、ここであなたの大事なパートナーにぜひ日常的に言ってほしい言葉を。付き合いが長くなるとお互い遠慮がなくなり、つい文句も多くなりがちになるのに、愛の言葉や感謝の言葉は減る一方。それを“カップルなんてそんなもの”と一蹴せず、一度素直に口に出してみませんか? きっと二人の間で、何かが変わるはずです。

以上、身近な例にみる“言霊を取り入れたい場面”についてでしたが、いかがでしょうか?

あなたの周りにも、いつもポジティブで明るい人、ひとりはいませんか? 今度その人の発する言葉をよくよく聞いてみてください。きっと前向きなものが多いはず。

そんな人は自然と笑顔が多かったり、周囲に良い人が集まってきたりするもの。

あなたも今日から、ポジティブな言葉で幸せオーラを周囲におすそ分けしてあげてください!