中国が受注したインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画は、中国側が提出した書類の不備などによって計画の遅れが懸念されていたが、ようやくインドネシア政府が約142キロメートルの全区間の建設を許可した。

 中国メディアの千龍網はこのほど、インドネシア政府からの建設許可を得たことについて、中国高速鉄道の海外進出は歴史的な突破を遂げることになると主張し、「どのような困難があっても、目標に向かって初志貫徹すれば成功できる」ことを中国高速鉄道は証明したと主張した。

 記事は、高速鉄道技術を持つ国は日本やドイツ、フランスなど世界で数えるほどしかないことを指摘し、米国すら高速鉄道は自前で建設できないほど貴重な技術であると主張。一方、中国が高速鉄道を輸出するにあたっては「日本が中国高速鉄道に対して懐疑的な目を向け、嫉妬心などから商談を撹乱した」とし、紆余曲折が常に存在したと主張しつつも、インドネシア政府が全線の建設を許可したことは中国側の勝利であると主張した。

 また、中国の習近平指導部が理念として「中華民族の偉大なる復興」を掲げていることを挙げ、中国高速鉄道も中国の偉大なる復興に資するものであると主張。その初志を貫徹することができれば、中国高速鉄道の海外進出もさらに加速していくはずだと期待を示した。

 中国側はジャワ島の高速鉄道計画の開業予定を2019年としており、残る時間は3年ほどしかない。わずか3年で142キロメートルの全区間で安全に運行できる路線を建設することができるのだろうか。事故や問題が発生すれば、中国高速鉄道の輸出事業が加速どころか停滞しかねない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Guo Zhonghua/123RF.COM)