27日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国高速鉄道と新幹線の発車時の速度を比較する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は新幹線。

写真拡大

2016年8月27日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国高速鉄道と新幹線の発車時の速度を比較する動画記事を掲載した。

この動画では、中国高速鉄道のCRH380Bと新幹線のE5系がホームから発車する時にかかる時間を比較している。結果は、中国高速鉄道の方が速く、先にホームから消え去っていった。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国高速鉄道が世界一であることは否定できないな」
「中国は日本に及ばないものが多くあるが、高速鉄道だけは誰にも負けない」

「中国高速鉄道の運行速度と実験速度は日本より速い」
「新幹線にも乗ったことがあるが、中国高速鉄道より安定せず振動が大きい感じがした。何より新幹線は料金が高すぎ」

「今の高速鉄道技術から言えば、中国が世界一であることに間違いはない」
「どうでもいいさ。どっちにしても中国人の劣等感は半端ない。明らかに自分の物の方がよくても人様の物の方が良いという」

「比べるなら駅弁で比べるべきだ」
「中国高速鉄道は効率的だからな。事故が起きたら車両を埋めて引き続き運行するなんてまねが日本にできるか?」

「中国の駅は直線なのに日本の駅の方は曲線じゃないか。よく比べようと思ったな」
「日本の新幹線は半世紀運行して事故がゼロだ。東日本大震災の時も27本が営業運転していたが緊急停止して脱線もせず、乗客も無事だった。この事実には勝てない」(翻訳・編集/山中)